スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


新連載!まぐまぐのメルマガ

スポンサードリンク

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

スポンサードリンク

心に残る風景

2009.12.13 09:52|NZ




心に残る風景があります。
何故か色鉛筆で描いてみました。



1
を、デジカメで撮ったという、アナログなんだかデジタルなんだか・・・(汗)。




ときたま見かける80代くらいのおばあさんと、老犬(ボーダーコリー)。




交差点で信号待ちをしていると、ゆっくりとした足取りで、
手には八百屋で買ったフルーツと野菜かな。
信号がかわるぎりぎりでようやく渡り終えるその後姿を見ていると
勝手に、とても切ない気分になってしまう。
いや、ホントに余計なお世話なんですけど。




二世帯同居が極めて珍しいニュージーランドなので
このおばあさんは愛犬が大事な家族なんだろうな。
どんないきさつから、ボーダーコリーと暮らすようになったんだろう。
70代から「ボーダーコリーのパピーを」なんてきっと思わないだろうから
おばあさんが愛犬とであったいきさつがきっとあるはず。




実は息子さん夫婦の犬だったっけども、何かの事情で飼えなくなり
おばあさんが引き取られたとか。
実は家族でファームを経営されており、一足先に引退して街に
越してこられたとか。
(↑勝手な想像です。)




おばあさんと老犬は、いつもとてもゆっくり、お互いを気遣うように
歩いておられ、一緒に年を重ねたことがうらやましく思えます。
いつも後姿を見送りながら、自分のこれからの犬との人生について
ぼんやりと考えさせられる。




私の心に残る風景。
おばあさんと愛犬にメリークリスマス!















=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

いや、ホント私の勝手な思い入れなんです。
おばあさん、すみません。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」



クリックありがとうございます。

=================






「メルティング・ポット」、更新してないので小文字で。






<カレンダーは大文字で>
calender




【羊の国のビッグフット こちらもどうぞ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい


こちらもオススメ





コメント

な、涙が

メリークリスマス!

ほんとですね、年からして超活発なボーダーコリーを自分から飼う様になったとは考えられませんよね。息子達の犬を引き取った説に私も一票です。
この子を残してはまだ死ぬわけにいかないわ、
以外とおばあさんもブログやってたりして。
まさかの犬との暮らしは、かわいいし、まんざらでもないって思ってるでしょうね。

わんこを知ると、命とか、時間に敏感になりますよね。

私の遠く離れた祖母と重なり
涙が出ました…

何匹も我が子のように愛し一緒に歳を重ねて 何度も愛犬を見送り

そんな祖母も90を越え
今は一人。

出来ることなら、わんこ大好きな彼女に もう一度…と 叶わぬ現実に 涙するしか ありません

連れ…

私も同じ光景に出くわしたことがあります。
小柄なお婆さんとゴールデンレトリバー。
高齢者と大型犬。関心をもち見つめていると。あきらかに犬がお婆さんに合わせているんですよ歩幅と速度。
そして数歩毎に犬が立ち止まり、お婆さんを振り返る。急かす様子もなく。
お婆さんの手には空のビニール袋と杖、もう片手にはリード。散歩なのでしょうが、私には犬がお婆さんの介護をしてくれているように思えました。
その時は、ほのぼの光景に映りましたが、自分に重ね合わせると身につまされる光景ですよね。

私の父のことを思い出しました。

父は塵肺だったので、散歩に行っても早く歩けませんでした。
当時飼っていた、柴ミックスの「飛鳥」(女子)は、そんな父のそばに寄り添って、いつもペースをあわせて歩いてくれていました。
田舎町の田んぼ道なので、ある程度のところに行ったらノーリードにしていたのに、飛鳥はずーっと父のそば。たまに走ってみるけど、振り返って父が追いつくのを座って待っていました。

その父も、6年前に他界。
飛鳥も16歳という高齢ながらぼちぼちやっていましたが、父の後を追うように一年後に。

そのとき「虹の橋」って実在するんだなあ~としみじみ感じました。


で、一人残った母は、我儘気ままの代名詞のような、バセットハウンドのやんちゃ姫とともに、いま4年目の冬を迎えました。
でも、彼女なりに精一杯母に気遣いを見せています。胸が熱くなりますよね、それを見ちゃうと。

私遭遇したエピソードです。

以前、ドライブしてた時。
お爺さんと老犬のラブラドールが横断歩道を歩いてました。

ラブラドールはもうゆっくりしか歩けない程の老ワンコで、青になってすぐ渡ったのにも関わらず、青のうちに渡りきる事が出来なかったんです。


その時、お爺さんは止まっているドライバーさんに頭を下げ続け、ワンコのペースで歩いてあげてました。

消して無理矢理ひっぱったり、せかす事無く。

止まっていたドライバーさん達も、誰1人クラクションを鳴らす事もありませんでした。


私は、全ての優しさに感動しました。

ゆうさんの絵に・・・

デジカメよりもゆうさんの絵の方がずっと心に沁みます。
うちの子も15歳、はるかに私より年上になりました。ゆっくりでも短くてもお散歩できる日が続けばいいな~と思います。

それぞれに人生があるんですね
心に滲みる絵です
時々 お散歩で会うスピッツのMIXくん 高齢で耳も聞こえず 目も見えず かろうじて匂いだけ かすかに感じると飼い主の方が言っていました
ゆっくりと 斜めに数歩進んでは立ち止まり 見えない目を空に向け匂いを確かめ また数歩前へ

ともに年を重ね夫婦とは また 違う 相棒
日々の生き方を考えさせられます

ここで初めて

しんみり泣けました。

とても素敵な絵ですね。
なんかしんみりときました。
愛犬の数だけドラマがありますからね~。

また皆様のコメントが素敵です。
心が暖まります。

ゆうさんの絵にいろんな風景や状況が目に浮かび暖かさと寂しさと・・言葉にできない感情が湧いてきました。
私はかなりの人見知りです。犬を連れて散歩に出るといろんな人に、特に犬連れの方に声を掛けられます。女性はまだいいのですが年配の男性はなんかこわくて・・・。以前大きな犬連れの年配の男性に怒鳴られた事があってそれ以来こわいのです。ある時からいつもニコニコしているゴールデンを連れているご老人と少しずつ仲が良くなりました。どれくらい仲が良くなったかと言うとその息子さんとお見合いをさせられたぐらい(笑)縁はなかったのですがその後も散歩の途中ウチによってくれたり・・・。そのゴールデンも14歳。二人でいつも公園の椅子に座っていました。しばらく見ないな、もしかしてワンちゃん病気かな、と行ったこともないその家を探して家を外から覗いてみると、外を眺めているワンちゃんが!あー良かったー元気なんだーと思いインターホンを鳴らすと出てきたのは娘さん?らしき人が。ご老人は吐血して入院中とのこと。ワンちゃんは娘さんらしき人と息子さんと交代で散歩に行っていると。。。1か月ぐらいで退院してきて久しぶりの散歩と言って家を訪ねてきてくれました。ワンちゃんもご老人を気遣ってゆっくりゆっくり一緒に歩いて帰っていきました。・・その後又調子悪いと再入院をしそのまま帰らぬ人となってしまいました。胃がんだったそうです。ワンちゃんのため息子さんが家に戻ってきてその家に暮らし毎晩仕事帰りに(夜中)散歩していると聞きました。たまにどうしているかと家をのぞくと(変な人と間違われそうですが)ワンちゃんが家の中で私の姿をみて尻尾を振ってくれ、元気な様子をみる事ができます。たぶん家には誰もいないと思うのが辛いですが。大きなおせっかいはしたくないのでそこから先は他人が踏み入れられない領域。仲が良かったのはご老人の方と私なのですから・・・。いろんな家がありますね。

ぐすん

ゆうさんの絵とお話しに感動してぐすん、
コメント欄の皆様のお話読んでさらにぐすん><
わんちゃんの数だけお話があるんですね。
こちらのコメント欄は、いつも読まずにいられません。

「アンジュール」という、わたしの好きな絵本を思い出させてくれるやさしい絵ですね。

以前散歩の時に、声をかけてくださったおばさん、「前に飼っていた犬が死んでしまい、犬が好きでまた飼いたいのに、息子が散歩で怪我でもしたらいけないから、飼ってはだめだというの。でもね、玄関でつまずいて転んでけがしたのよ。犬がいなくたって怪我するときはするのよね。」って笑っておしゃってましたが、どちらの気持ちも優しさですよね。

犬といると、いろんな人と出会い、いろんな話をきけます。幸せな時間をもらってます。

心に残ります

本当に心に残る風景ですね。ゆうさんの絵も温かいですが、コメントを読んでいて、心まで温かくなりました。おばあさんと老犬が元気で長生きしてくれることを祈っています。

いい絵ですね

私も犬とお散歩していると、いろいろな人間模様をみます。足の悪いおじいさんとお散歩している犬、足の悪い犬と散歩している人。そういえば、股関節が悪いようで、かなり辛そうに柴犬を散歩させていたおばあさん、最近みかけないです。入院されたのか、柴犬はどうしたのか。いろいろなパターンに遭遇しては、心が痛みます。ゆうさんの今日の絵、写真より心に訴えてくるものがありますね。

いいですね、ゆうさんの色鉛筆の絵・・・
なんだかじーんと来ましたよ。
ゆうさんのやさしいまなざしを感じました。
わんこと一緒に年を重ねていく人生って、いですね。

おもいやり・・・

お互い『おもいやる』心犬も人間もなく一緒ですよね。

いいなぁ~、私も愛犬と二度とない今日を大切に暮らして生きたい!!

『ふっ』としたことで気づけた今日に、そして気づかせてくれたゆうさんに感謝、ありがとう。です。

この光景、夢でした。そして、夢で終わってしまいました。

「はぴと二人で散歩に行きたいなぁ」がひいおばあちゃんの口癖でした。
でも 足元が時々おぼつかないひいおばあちゃんと 若くて元気一杯なはぴを二人だけで散歩に出すのは心配で・・・
ひいおばあちゃんの横をゆっくり歩ける、を目標にしつけに励んだんですが、
結局、二人での散歩の夢はかないませんでした。
ひいおばあちゃんには優しいはぴでしたから、歩調合わせて歩けたかもなぁ、
思い切って二人で行かせてあげたら良かったかなぁ、と今も思っています。

(以前、こちらの写真コンテスト?で特別賞を頂いたひいおばあちゃんです。
去年、96歳で天に召されました。)

じーんとくるログでした。ありがとうございます。

実は、1週間前から我が家の話題の中心となっている老婆と老犬がいますので、少しだけ紹介を。
おばあさん(というには失礼かも)がおじいさんビーグルを連れて、ゆーっくりお散歩してるんです。私の通勤途中に決まった時間・決まった場所ですれ違うので、私ずーっとそのカップルが気になって気になって。本当にほほえましいんです、その歩調が何とも言えなく素敵。もしそのカップルに会えたらその日はラッキー、・・・という話を家で母にしていたんです。
ある朝母から画像付きのメールが届きました。例のおじいさんビーグルがピッとポーズを決めている画像。えええええ?!
話を聞いて母も気になったらしく、私が出勤して間もなく携帯電話を持って探しに行き、偶然にお婆さんとビーグルに出会い、話し込んだらしいのです。おばあさんはすでにご主人を亡くされているとのこと、ご主人に代わって散歩へ出かけるようになったこと、そのご主人は写真を撮るのが好きでよく愛犬の写真を撮っていたこと(だからポーズが決まるってるんでしょうね)。今ではベッドもお風呂も一緒とか(笑)。・・・なんだかとても心温まるものがありました。それぞれの飼い主と犬たちには素敵なストーリーがあるんだなぁと。

そして、母の行動力に大爆笑。
その翌日に、私の弟も初めてそのカップル遭遇。

こちらのコメント欄に失礼かと思いましたが、なんだか共有したくてつい書き込んでしまいました。
これからもブログを楽しみにしています。

★nanaすさんへ
ああ、いやいや。そんなつもりじゃなかったんですけど、すみません。
メリークリスマス!


★まるもさんへ
多分ね、なにか理由がないとなかなかボーダーコリーは難しいですよね。
だから気になっちゃって、気になっちゃって・・・。


★ミズナさんへ
そうそう、そうなんです。すごく自分の姿に重ねちゃったんです、わたし。
いつか「もう一緒に暮らせない」ときが来るわけで、犬がいない生活をどうやって受け入れようかとか。
いろいろ。


★福さんへ
長い間一緒に家族をやってらっしゃるんでしょうね。
そうなんです、自分がその年になって犬と一緒に暮らせてるかな、とか。
いろんなことを重ね合わせてみちゃいますね~。


★ラミーさんへ
ずっと犬と一緒に生活していたいけど、無理な時期ってどうしてもやってくると思うんですよね、自分にはね。
だから最期まで犬と一緒に生活できるって、家族の支えが必要なわけで、幸せですよね。


★モモママンさんへ
あー、いい光景ですよね~。
なんだかその場に居合わせたことがすごくラッキーに思えますよね。
みんな初対面なのにその空気っていいですね~。


★ちゃままさんへ
あ、ありがとうございます。いや、お恥ずかしい~。
もっとじっくりしっかり描けばよかった、すみません。


★ひゅうがっちさんへ
そうですね~。自分の置かれた立場を考えると(異国で子供もいないし、家族もいないので)
面倒をみてあげるのはこの子が最後、っていう犬がくる日があると思うんですね。
そして犬がいない日々も。 なんかそういうことを考えると胸がせつなくなりますねー。


★SATOさんへ
あー、すみません。そんなにしんみりするつもりはなかったんですが。


★myumyuさんへ
ありがとうございます~。
そうですよね。犬一頭一頭にドラマってあるんですよね。
百匹いれば百匹のハチ公物語、ですよね。


★okeiさんへ
わかりますよ。やはり立ち入ってはいけない領域ってありますものね。
ワンちゃんもきっと、玄関を見つめて飼い主さんが帰ってくることを待っているんでしょうね。


★ジャスミンさんへ
そうそう、ワンコの数だけお話がありますね。
百匹いれば百匹のハチ公物語がありますね。


★ミルさんへ
難しいですよね~。いまは想像もつかないけど、きっと来るであろう「犬と暮らせなくなるとき」。
それなりに受け入れられるのか、まだまだ自分ではわかりません。


★miyabi0707さんへ
そうなんですよ。いつまでもあの交差点で、おばあさんと老犬の姿がみれますように。


★ラブママさんへ
気になるカップルってありますよね~。
なんかいろいろ気になるものの、詮索しちゃいけないし。
いや、やっぱり気になります。


★まめこっちさんへ
一緒に年を重ねられたらホントにいいですね。
でもいつかやってくるであろう、「もう犬と暮らせない日々」。
そのとき自分はどうするかとか、いろいろ考えちゃいますね。
まあ、まずは今元気でクロエビスの面倒をみることですけど。


★ちーままさんへ
はい、私もこの間血液検査でコレステロール値が高いよ!と言われました。
犬たちのために今、慌てて下げるよう頑張ってます。


★はぴむむさんへ
覚えてますよ~。おばあちゃんのステキな笑顔。
今でもとってあります。96歳でいらっしゃいましたか・・・。
ご冥福をお祈りします。はぴちゃんのこと、空からみていらっしゃいますね、きっと。


★ナヲさんへ
明るい話題、ありがとうございます。
おじいちゃんビーグル、愛されているのですね~。
カメラにポーズをとることが仕事なんじゃ、と思っているのかも。


生きるヒント

いまは大好きな犬が飼えない環境で、クロエちゃんとエビスくんの日々で癒していただいているタイ・チェンマイ在住のアラシックスティ(60目前)です。

そろそろいまの仕事も体力がなーと考えていながら、寂しくなるかなーと思っていた引退後のこと。そうですね、やっと大好きな犬と暮らせると考えたらいいのですよね。

今日の記事から学んだ貴重なアドバイスは、老後は『大人の犬』と。お互いに必要としながら、労わりあいながら共に生きる。

43歳。私の中ではかなり長い間読ませて頂いてます。
4日前、6つ年下の友人が突然亡くなりました。急性心不全でした。
だから2日ほど目が腫れました。

ゆうさん、優しいですね。
このエピソードは、今までで一番印象に残りました。

ゆうさんの絵 ちょっと悲しくて すごく暖かいです。
しかし 犬って すごいですね。 
非公開コメント