スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


新連載!まぐまぐのメルマガ

スポンサードリンク

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

スポンサードリンク

犬の罪悪感、まとめ

2009.10.04 06:22|我が家のエピソード



皆様、先日の記事「犬の罪悪感」に
たくさんのコメントありがとうございました。
ひとつひとつ、楽しく読ませていただきました。
犬について語り合うのは楽しいですなあ。



さて、まずはコチラの4コマ。
これはエビスがまだ子犬だったころのエピソードです。


1
*ここまで子犬じゃなかった・・・・・。もうちょっと大きかったかな(汗)。


2

3

4



ということがよくあったんですよ。
盗み食いのピークの時期です。



クロエちゃんはこのとき3歳近く。(だったかな?)
それまで盗み食いや、留守中のイタズラはしたことがなかったので
この事件もエビスが犯人なのは多分間違いない。
なのに、帰宅したときに様子がおかしかったのは
無実のクロエちゃんだったのです。



ひょーっとしたらね、もしかしたらクロエちゃんも共犯だったことも
考えなくはなかったのですが。
私が見てないと(退室すると)オヤツも途中で食べることを
やめてしまうクロエちゃんだったのでそれは無いかな?と。
このストーリーでは「クロエちゃんは完全シロ」とさせてください。



このエピソードを改めて考え直してみると、クロエちゃんの
様子がおかしかったのは「いたずらをした罪悪感」ではなさそうです。
多分、「この状況が引き起こすであろう飼い主の不機嫌」
やってくるのを予想して不安だったのかな?と。



わたしが説明するとわかりずらいんですけども、
うみ~さんのブログにもっとわかりやすい例が載っています。



なので、行動学の見地としては「罪悪感」から反省しているのではなく、
室内トイレの失敗や、盗み食い、留守中のイタズラ
これらが発見されたときに飼い主が怒ったことを覚えていて
これから怒られる自分というのを想像して反省しているように見える。
という解釈のようです。 それを要約すると「犬に罪悪感はない」となる。



なので行動学見地(point of view)から先日のエビスにアテレコするなら
3
「この散らかったゴミ箱を発見したときいつも何故か母ちゃんが怒るのだ」
「そうすると何故か俺様にもとばっちりがくるのだ」
「恐怖へのカウントダウンがはじまったのだ」
(ヾ(- -;)おいおい)



まあでも、これは行動学的解釈。
だったら証拠を完全に隠滅してれば(盗み食いで平らげてれば)
飼い主が帰宅して全く気づかなければ、犬たちは反省するそぶりを
見せないのかな?などなど、まだまだ疑問点をあげればキリが無いデス。
私個人の結論としては「それも一つの見方だな~」、に着地してます。



たくさんのご意見や面白エピソード、ありがとうございました。
「行動学的視点では、こういう風に見るんだ~。」と、
皆さんの話のタネ?ネタ?にしていただけるとうれしいですねえ。



正解は犬のみぞ知る?













=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

今日は「World Animal Day」。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」


クリックありがとうございます。

=================





「メルティング・ポット」、更新中です!遊びにきてねん。





コメント欄で皆さんの、たくさん面白いエピソードが聞けて楽しい記事に
なりました。 書いてよかった。ありがとうございました。
返信しますからね~。少々おまちを。



【羊の国のビッグフット こちらもどうぞ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい


こちらもオススメ





コメント

なるほど!

本当に正解は犬のみぞ知る、ですね。^^

ゆうさんのブログ(コメント欄も含め)は犬をこれから飼おうとする人のバイブル的存在だな、と思います。
いつもとても参考になります。めもめも・・・

なるほど~!
そう考えると、たしかにわんこの行動も
納得いきますね。
一頭だけだと気づきにくいけど、
まだわかんないちびエビちゃんは気づかず、クロエちゃんがびびるあたりなんて
そう説明するしかない!くらいの出来事ですよね。
おもしろい!

余談なんですが、今度地上波で
マット・ディモンのボーンシリーズ最終章がやるのですが、マットをみると
エビちゃんを思い出します(^◇^)

なるほど

私が息子を【こらっ!】と叱り始めるな~
という気配を察知すると、家のワンコは
隅っこのほうに隠れて(私はこの場にいません)
と気配を消すようにしていたのを思い出しました。

家のワンコは息子が超大好きなので、叱られる姿を見たくないのかも?

なるほど

読んで納得しました!
自分で誰かに説明するとなると凄く難しいけどコレは「あると思います!」
ウチの猫は怒られる事をしても全く悪びれず、怒ると逆に「ナニナニ?なんで機嫌悪いの?」とポイントのズレた態度で甘えて来たり、「このヒト怒っててヤッダー」とスネて押し入れに閉じこもったり。
猫の方が逆ギレが多いかも・・・って感じるのも人間の目から見た感情のアテレコなんでしょうね。

行動学おもしろいよね~

ケン・マッコートさんのワークショップに行ってきました。^^
犬をすごく見てるよね~行動学を勉強されてる方は。
犬はしゃべれへんからほんま答は犬のみぞ知るやもんね。だから楽しい。^^

お久しぶりです。いつも楽しく読ませていただいてます。先日、うちも2頭目のパピーを迎えました。
ゆえに最初の4コマがとっても分かる~。
お留守番の時ではないですが、パピーに「いけない」って言おうとすると、先住犬がハウスに入って隠れます(笑)。
この時のクロエちゃんと同じ気持ちなんだろうなーって思いました~。
現行犯なんで、明らかパピーの仕業なんですけどね~。「くわばらくわばら」って感じなのかなって思うと、なんか笑えます(笑)。

そうか~。

犬の行動も 自分(人間)を基準につい考えちゃいがちだけど…。
犬の行動学を知って しつけをすれば もっとうまくいくのかなぁ(我が家の場合)と思いましたデス。

そうだったか。。

いつも楽しく読ませてもらってます♪

なんかとっても納得!うちも姉弟構成なんで、姉犬がそんな感じ。うちは姉が主犯ですけど(笑)弟犬はとりあえず『姉ちゃんと遊んだよ!小麦粉とコーヒーぶちまけて楽しかったよ!』と報告に来ます。掃除中は楽しそうに邪魔します。

姉犬のがイタズラが激しかったから私のキレた回数が多いのと、弟のイタズラの頃には私が慣れててキレなかったからかと反省。もう『小麦粉なら羽毛よりはマシ』くらいにしか思いません!

猫もいるので猫と会話が出来てるのか知りたいです。猫の協力があったとしか思えない事もやってくれるんで(笑)

そうなんだあ

いつもほんとに勉強になります(^^)
行動学か・・
ワンコのこと、知れば知るほど納得です。
流れで犬を飼うことになり、なんも知らんところから始まったけど、今や、心にもズッポリと入り込んでるわけで、何を考えてるのか知りた~い衝動にかられる事多々。
これからもよろしくです。

う~ん、とすると「あたしやってないもん」ってな感じで目を逸らす子(でも明らかに犯人で目は泳いでる)はどうなんでしょうかね~。というのも先代の子がそうでした。納豆が好きで盗み食いをして「ちょっとジューちゃん(ジュリア)納豆食べたでしょ~」って言うといつも決まって目を逸らしそしてその目が泳いでいたんですよね。ま、でもいくら「あたしやってないもん!!」ってな態度してても胸毛についているからしとお醤油の袋というはっきりとした証拠品があったんですけどね(笑)

今の子(ディクスター♂)はすぐハウスに直行します。オス、メスの違いでしょうか。

心もあると思います

いつも楽しく拝見しています。

以前愛猫を亡くして立ち直れないでいた時にアニマルコミュニケーションでセッションを受けた事があります。
その時に、見て下さった方が知りようもない事(最期は何も食べたくなかったけれど、好物の煮干しを湯がいてスープを飲ませてくれて嬉しかった・診察台でオシッコして笑われた時は悲しかった等)を亡猫の言葉として伝えてくれました。動物はテレパシーで何でも解っているのじゃないかな?と思いました。

話が非科学的で申し訳ないです・・・。

ゆうさんの観察眼(行動学見地)から、目から鱗が…

ウチのラブも、隠れ食いをすると、証拠隠滅に掛かります。
勿論悪びれもありません…

私も、余りの隠しっぷりに、感激してしまう事もあります。
(カーペットの下に隠したり、ソファーの間に隠したり(笑)誰の真似をしてるんだ!)

でも、隠していても、犬の素振りは、いつもと違いますよ~(。ゝω・´)

そうか~

読んでいてなるほど~と深く納得です。
我が家にもなんだか似ている事件ありました~
家のカイ君(シベリアンハスキー)がまだ3ヶ月位の時に犬部屋から脱走して
(ドアの半分よりちょい上の高さまで空調の為に柵があったのですが)
リビングを散らかし放題して終いにはカウチの上にう○こまでして。。。wで
ちょうどその時に帰宅して来た私たち。リビングから
たたたたたっと走り去る音がして急いで駆けつけると
お尻半分柵の上に引っかかったままのカイがw
で、カイは怒られると思って急いで部屋に戻ろうとして引っかかった体半分をわっさわっさどうにかしようとしてるし
(ということは部屋から出ては行けないのは知っている)
部屋の中にいる兄弟のリク君はさも自分がした失態かのように隅でどんより。。。
(クロエちゃんみたい?w)
犬達は本当面白いです。

ちなみにそのカイ君ですが5歳になった今も
隙さえあればフェンスをよじ登って一人旅に出ようとしてます。

記憶力・・・

わんこの記憶力ってすごいですからね。
記憶の中で辿っていくから反省しているように見える・・・。
行動学・・・すごいですよね。
いたずらしても許してしまうのはそれ以上に私自身に心の栄養や安らぎを与えてもらっているからなんですよね。そしてもちろん家族ですからね。

1コマ目の(幼)エビちゃんのセリフ・・「あたしめーなんだぜ」ってどういう意味でしょう??!

うちのゴンタも人間が外出中に悪いことをしたときは、帰ってきても2階の隅に隠れて息をひそめていますよ(笑)いつもはフローリングにあたってカシャカシャうるさい爪(足)の音も、静かーです。悪いことをしたって、よくわかっているようです

『いい子にしてたか~い?』
への答えとして

あたりまえ→あたりめぇ→あたしめぇよ!

ってことだと思います(^^)v

ちっちゃい頃、床にウンチしちゃった直後それまでニコニコ顔だったのが、急に泣きそうな顔(というか実際涙目になった証拠写真有り)になった事があったので、罪悪感らしきものはあるのでは・・・と思っていたのですが、近頃コッソリ私のベッドで粗相をする悪癖ができて、やらかした後に私と目が合うと博多にわか煎餅ソックリな顔をして、肩を落とし尻尾を下げトボトボ遠ざかる様子を見ると・・・
どうもエビちゃんの三段論法(?)が近いような気がしてきました。
そしてまさに今日、私の布団は限界越えました・・・(TOT)。

すごく勉強になりました!!!
反省ではなくて、状況から今後起こるだろうことを想像しているんですね。
なんかすごく面白いです。
うちは、いたずらや粗相をした場合とりあえず怒らずに黙って片付けて、座っていつもどおり「花~」と呼びます。
そのあと向かい合って座ってゆっくりと「いけないことだよね?」と話して聞かせるのですが、まず呼んだ時点で完全にしかとか他の人の腕の中にもぐりこみます。
(うちもラブなので頭しか隠れてませんが(笑))
何もない時は尻尾ふりふりで来るし、しかもまだ怒ってもないのに。
でも、きっと私の行動のどこかにそれを連想させるものがあるのか、本人(犬)になにか心当たりがあるのかなんですよね…。
う~ん、私もワンに負けないくらいの“観察力”で解明してみます☆

今のところ…

やっぱり、ない派(笑)

証拠隠滅しても、飼い主が気付かなくても、その悪戯で叱られた経験があれば、多くの犬は、悪戯=飼い主が不穏になるとの関連付けが成立しているので、反省したように見える態度を取ります。

そもそも、本当は、犬に対して叱る理由が見つからないと思っています。
叱る必要がない。
というのも、人間の都合で叱る事が多いですよね?
それが犬の安全に関わる事や、犬のマナーに関する事でも、犬は悪い事をしている意識はないと思うんですね。
そして、人間は犬に対して人間の叱り方をしますよね。
犬語でイケナイ事だと伝えれば通じるものを、人間の叱り方をするので理不尽で通じない。
悪戯はいつまでもなくならない。
人間の叱り=犬には不穏な事でしかなく、犬は飼い主を危険な人で信用出来ないと記憶する思考構造なので、人間から見たら反省しているように見える態度でも犬にとっては違うんじゃないのでしょうか。

最終的には、罪悪感に限らず、全ては犬のみぞ知る、が正しいのだと思いますが、『犬を知る』努力はとっても楽しいものですよね。

やっぱり、今のところない派だなぁ~。
もっと犬と会話しよっ!

納得!

「犬に罪悪感なし」納得しました!
実家のミニチュアダックスが誰もいないと、ゴミ箱をひっくり返して散らかしたり、盗み食いしたりとやりたい放題。
おそらく自分を置いていったということにたいしての嫌がらせなんでしょうね。
そして、そこに母が帰ってくると悪いことをしていないときはこれでもかー!っていうぐらいの激しいお出迎えをしてくれるのに、悪いことをしたときは2階に行っちゃって出てきやしない。母も「こりゃなんかしでかしたな」と部屋に入ると、案の定ゴミが散乱状態だったりします。呼んだって下りてきやしないので、相手をせずにその後を過ごしていると、ほとぼりが冷めただろうという頃を見計らってそーっと2階から下りてきて母の隣でちゃっかり寝ていたりします。
犬ってうちの娘よりよっぽど要領がいいなーって関心します(´∀`;A

補足追記です

犬にイケナイ事だと伝える時には犬語で…なのですが、犬は犬の階級制度を人間には持ち込まない研究結果が出ていますよね。
なので、イケナイ事を伝えるにも、人間が支配性理論を持ち込んでアルファロールなどで教育してはいけないという事になります。
支配性理論を持ち込まない犬語で伝える事が大切だなぁと思っています。

罪悪感と関係のないコメントですみません!

なるほど~!
そうなんだ~!!

犬がしゃべれたら聞けるのにな^^

★大阪のオバチャンさんへ
逃げてるわけじゃなんですが、やっぱり結局は「犬のみぞ知る」ですよね。
そして次は、「飼い主のみぞ知る」。


★Rikushiさんへ
エビスがちびだったころによくあったエピソードなんですよ。
そのうちクロエちゃんも、「自分にはとばっちりがこない」ってわかったみたいでケロっとしはじめました。
そしてエビスが覚えていきました・・・・(笑)。


★みらいさんへ
あー、そうかもしれませんねえ。
もしくはみらいさんが大好きで、怒ってる姿をみたくなかったのかも。


★とらにゃんさんへ
猫の逆ぎれ(笑)、かわいいですねえ。
わたしはかつて、お猫様にひざまづいていたので気持ちがよくわかります(笑)。


★Cooさんへ
そうそう、人間がどんなに研究しても犬のみぞ知る。
だからおもしろいよね~。


★うーママさんへ
二頭目のパピー!おめでとうございます。
そうですね、このときのクロエちゃんは確実に「くわばらおがた・・」じゃなかった、「くわばら、くわばら」って言ってたと思います。


★ノエルさんへ
私も、わたしもー!
こういう風に色んな角度から見つめることで、しつけの方法がわかってくるよなあって思いました。


★もも母さんへ
「小麦粉なら羽毛よりはマシ」に大笑いしました。それはもう、声をあげて。
大変勉強になります。 書初めはこれにしようかな、来年(笑)。


★Hikkyさんへ
そうですよね~。愛する対象ですもん、何を考えてるのか知りたいですよね。
コミュニケーションの方法が違うから、なおさら興味がありますよね。
犬と暮らし始めて8年が過ぎましたが、当時よりもずっと愛おしいです。
なのにどうしてダンナはそんなことないんでしょう(爆)。


★いのりさんへ
行動学見地の「罪悪感はない」にあてはまりますよね。
エビスみたいに落ち込んで待ってるか、怒られたくなくて目をそらすか。
あと、男子と女子の違いはあると思います。
みなさんのコメントを読むかぎり、女子のほうが神経が図太いような・・・(笑)。


★香露園さんへ
いやいや、とんでもない。
あると思いますよ、わたしも。
動物は特に、人間みたいな「言語」を操ってないのでそういう能力は伸びても不思議じゃないと思ってます。


★メガ姉さんへ
ですよねえ。隠し切っていても態度に出ますよね。
完全犯罪は絶対に無理ですね。
犬を主人公にした「火サス」は無理ですね(笑)。


★wawaさんへ
あはは、さすがハスキー、猪突猛進あるのみ!
リクくんもやっぱりそういう態度だったんですね~。
クロエちゃんが女子だからかな?とちょっと思ったこともあったんですが、違うな。
興味深いおはなし、ありがとうございました。


★ちゃままさんへ
おもしろいですよね、色んな角度からの解説や分析を聞くのは。
犬のみぞ知る、なんですけど次に「飼い主が知る」ですもんね。


★gonさんへ
「あたりめーなんだぜ」です・・・・。改めて説明するの、恥ずかしいですね(笑)。
あはは、いたずらしたときは「抜き足、さしあし、忍び足」なんですね。
夜、飲んで遅くに帰宅したお父さんみたい(笑)。


★香露園さんへ
その通りです。
解説、ありがとうございました(笑)。


★しっぽさんへ
そうそう!目がうるうるしてみえますよね!
犬が悲しかったりして泣くことはないはずですが、なんでかうるうるして見える!
あれはきっと、犬たちの作戦ではないかと思ったりします。
「人間はうる目に弱い」っていうルール・ブックがあるんdすよ、きっと。


★らんさんへ
ホントですね!人間がどんだけ愛犬のことを見ていても、愛犬が飼い主のことを観察している目にはかないませんね。
わたしもクロエビスに負けないくらい見つめなくては。クロエちゃん?かわりにブログ描いて?


★犬は超人さんへ
犬の記憶力ってすごいですよね。
別にわたし、粗相とかゲロで怒ったことないんですが、盗み食いのときの記憶なのかなあ?
ふいてるとすごく申し訳なさそうにしてますね。
犬に対して叱る理由、たしかにありませんね。
ただ、現代社会に生きてるので「誤飲」しそうになったときとか、盗み食いはやっぱり怒っちゃいますね~。
今回登場してる行動学の先生も階級制度を信用していないです。
色々ありますが、結論はやはり「犬を知ろうとすることは楽しい!」ですね。


★もあママさんへ
そうですね~、不満の意思表示なんでしょうかね?
エビスの場合はどうだったんだろう?クロエちゃんがいつも一緒だったからまた違うかな。
ただ楽しいから破壊するのだ!だったりして(笑)。
でも犬たちって、「ほとぼりがさめる」頃をよく心得てますよね(笑)。


★jamさんへ
わからないからチャレンジなんですよね、きっと。
あと、わかられると色々用事を頼まれるから、わざと分かりづらくしてるのかもしれませんね、犬が(笑)。



非公開コメント