スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


新連載!まぐまぐのメルマガ

スポンサードリンク

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

スポンサードリンク

今でも分かってない

2020.10.22 14:28|クロエのエピソード



ニュージーランドのスーパーマーケットや
お店の店先には「愛犬の駐犬場」的な
エリアが用意されています。
どこでもあるわけじゃないけど。

22102020_dogpic1.jpg
↑昔撮った写真。可愛いなあと思って。

22102020_dogpic2.jpg
↑こちらは現在行きつけのスーパーの入り口。
犬たち用のお水が用意されています。


いずれの写真も「愛犬はここで待たせておいてね」
な場所です。
特に夏場なんかは車で待たせると
熱中症で大変なことになりますもんね。


とまあ、写真には一頭も写ってませんが
ニュージーランドのスーパーの入り口には
ワンちゃんが待ってるんですよ。
そんな光景、珍しくもなんともないんです。


でも、私はやったことがありません。
いや、正確には「やろうとしたことがありません」。
特に理由はないんですけど、なんだろう?
やっぱりなんとなく心配だからかな?


〜話は遡って18年前〜


当時、元旦那のコアラ師匠と住んでた家に
フラットメイトのえみちゃんがいました。
えみちゃんは日本人スノーボーダーで
確かこの時、怪我をして雪山に行くのを
おやすみした日だったと思うんです。
じゃあ、私たちが行ってくるから
クロエちゃんのお世話、お願いして良い?
ということで、私たち夫婦は雪山に。


その日の帰り道のエピソードです。


22102020_dogcomic.jpg


その後、えみちゃんが出てくるのを待って
一緒に車で帰って来ました。
散歩がてらここまで歩いてきたんだって。


そりゃ、いつもたくさん犬がスーパーの前に
いるから、えみちゃんが
「こうするのが当たり前」
と思っても当然だし。
なので、特にえみちゃんには何も言いませんでした。
びっくりしたよ〜、くらいは言ったかもですが。


でも、びっくりしたからなのか
その後えみちゃんがクロエちゃんを
スーパーに歩いて連れていくことは
無かったのですが。


愛犬と出先でばったり出くわす、
ことなんてまず無いでしょ?
いや、ホントなんていうか
貴重な体験?
脳が状況についていけてない、という体験。


18年経った今でもはっきり覚えてます。


ーー


今年も「引退犬支援チャリティーカレンダー」
どうぞよろしくお願いします!
年内のイベントや募金活動が、コロナ禍のため
ほとんどキャンセルになってしまっています。
通念であれば日本サービスドッグ協会の
ボランティアさんたちが手売りを頑張って
くださるのですけれども。
直接お渡しする機会は限られてるみたいですが
オンラインで入手可能です!

色々あるセットがお得です!
Calendar_banner.jpg
*他にもバスタオルやTシャツなど、たくさん!

ご存知ですか?
引退した補助犬たちの介護費・医療費は
100%ボランティアさんの負担となります。
頑張ってくれた犬たちの、引退後の生活が
幸せでありますように!
カレンダー収益の100%は引退犬たちのために寄付されます。
セットがお得です!

予約サイト→「引退補助犬を支援する会」





=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

「えみちゃーん、懐かしい!えみちゃん、このブログ記事もしも見てたら連絡ちょうだいって、ママちゃんが。」byエンジェル・クロエ


人気ブログランキング

=================




☆☆☆☆☆こちらもよろしくお願いします☆☆☆☆☆


まぐまぐメルマガ
毎週水曜日発行中!

26052020_thumbnail.jpg
ご登録もしよろしければ!→500円(月額/税別)
バックナンバー(月ごと)の購入もできます!
「マーティンゆうのファームくろうバナシ」


+++++





切らしてしまって、QOLがダダ下がり中。





【羊の国のビッグフット こちらもどうぞ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい


こちらもオススメ





コメント

No title

ゆうさんの驚き( ゚Д゚)が手に取るようにわかりますね!
私もそんな事態になったらきっと忘れられない思い出となります。
ニュージーランドらしいエピソードにほっこり。。。

良くないこと

ゆうさん。どうも府に落ちない事だと思うけど、やっぱり、家族同然の愛犬を、入り口に置いていく事事態、良くない事だと思うのです。気持ち的に不安だし、心配だし。犬にとっても、大変なストレスになるし、本当に良くない事だと。私は思います。犬同伴可能のお店に行きましょう。

No title

>はちぽん♪さんへ
はい、まさに「らしい」エピソードだと私も思って描きました。
そう思っていただけて光栄です。ありがとうございます!

>ハッピーままさんへ
ニュージーランドの商業施設で、「犬同伴OK」のところってほぼ皆無なんです。(ドッグホテルとか犬用プールなどの「犬専用施設」以外は)
なので、一緒に行動しようと思ったら建物の前で待っててもらわないといけないんですね。
で、実際犬たちは不安そうなそぶりもなく、大人しく待ってます。究極の「ステイ」です。
私はおっしゃる通り心配なので、連れていかないですけど。(もしくは車で待っててもらうけど)
でも、実際にリラックスして飼い主をまっている犬たちの姿を見るにつけ
ー社会への信頼(誰も連れて行かない)
ー地域への信頼(誰も愛犬にちょっかいをかけない)
ー飼い主への信頼(戻ってくるから安心して待ってる)
ー愛犬への信頼(良い子で待っててくれる)
これが全部満たされてる飼い主と愛犬だから出来ることだなあと、その関係性をうらやましく思ってます。
私は一生できそうにありません。

同じ経験はありませんが似たような経験ならあります。
出掛けていて家の近くまで帰ってきた時に散歩している犬を見て「うわっ、なんてかわいいコーギー!」と思ったら、うちのハナでした(笑)
人(家族)よりも先に犬に目がいくので、仕方ありませんね。

No title

私はちょっと違うけど・・・。

以前、自宅から二キロほど離れた職場、幼稚園の砂場でお弁当後に子供たちと遊んでいたら
突然、園庭のフェンスに犬が飛びついてきて、それが、わが愛犬ニッカでした

母が何も考えず散歩に連れ出し、まさか私が外に出てるとは思わず、幼稚園あたりを歩いていたら
ニッカが私を見つけて駆けだしたらしい・・・。


家でお留守番してるはずのわが子が突然登場して、しかもその後フェンスに張り付いて帰らない、なんて経験は最初で最後
びっくりっていうよりは、かわいくってねぇ~~
よくわかった、そりゃ先に帰りたくないよね、と母を睨みつけた私です。

私の友人は、フレンチと英ブルの二匹をコンビニの玄関前に繋ぎ、支払いでちょっと目を離したすきに、二匹はいなくなった、という話があります、もちろん二匹は見つかりませんでした。

やっぱり、やめたほうがいいよね。

読んでいるわたしも驚いたのですから、当の本人のゆうさんの驚きは如何に(笑)

びっくりたまげた後、本当は
クロエちゃんが無事で心底ほっとしたのではとお察しいたします。

似たような経験わたしもありますよ…

ある田舎道。車で走っていると自転車に乗った可愛いおばあちゃんが前方に見えてきました。
お義母さんに似ているね〜とわたし。
年配になるとみんな同じに見えるんだよと乱暴な意見の夫。
車で追い越し際に見えたのは、紛れもない主人の母でした。

そしてわたしの知人も…
80歳過ぎた義父が隣の町で自転車で走っているのを見てびっくり!と言っていたのを聞いたことがあります。

って、どちらも愛犬は出てこんやないかい!

No title

私もヨーロッパ某国に住んでいた頃、スーパーや銀行の前に設置された犬用フックに愛犬を繋ぎ、中で用を済ませていました。お利口に待っててくれましたよ。たまに犬と一緒に来たことを忘れて、そのままスルーして歩き始めてしばらくしてから、「しまった!xxを忘れてきちゃった!」と慌てて戻ったこともありました。

でも、近年では犬が連れ去られる事件も起こるようになったので、もうできないだろうなあ。

No title

>ハナははさんへ
そうそう。「うわっ!こんな可愛いワンコ、他にもいるんだ〜」って思っちゃいますよね(笑)。
あと、自分じゃない人が撮った「自分の愛犬の写真」。「すごい可愛い〜」って思いますよね(笑)。

>モリィさんへ
そう、予期していない愛犬との出会い。本当びっくりしますよね。
私も以前、チェイスを御散歩させているときにマカロンさんがエビスを連れて来てくれて(サプライズで)、外でばったり!と言うことがありました。まだそれをエビスと認識する前から「自分の好みにジャストの犬!」と脳が反応してました。

>たったんさんへ
いやん、可愛いエピソード。
でも、なんて言うか対象の人(もしくは犬)を「ものすごく客観的に」見れますよね。まあ、本人だって認識する前だから客観的に見てるんですけど(笑)。

>せしぼんさんへ
あ〜、やっぱり近年はそういう事情になってきてるんですねえ。
うちの町はまだまだ田舎だし、あまりにも顔見知りが多いからさすがに盗難等の事件はないんですけど。治安の良い田舎の良さが詰まってるんですけど、それでも私できませんもん。
でもやってる人(飼い主さん)は私たちのことを信頼してるからできるんですよね。見習わないとと思うけど、やっぱりできない(笑)。
「しまった!忘れて来た!」に笑いました。それだけ自然な、生活に溶け込んだ行為という証ですよね。

北米に住んでます。スーパーの前に沢山ありますよね~
でもゆうさん同様 絶対にしません。トイレ借りたくて漏らしてもしません(笑)
(でも皆さん犬を繋いでお買い物してますが)
理由として第1が盗まれる、から!
盗まれていいお値段で売られる事件が多発してます
そんなことになったらワンが可哀想すぎる〜!一生置いてしまった自分を責めて過ごしそうです(The・日本人気質)
非公開コメント