スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


新連載!まぐまぐのメルマガ

スポンサードリンク

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

スポンサードリンク

出会いと別れ

2010.08.25 12:43|羊の国の犬たち



世の中にはなんていうか、説明できないことってありますよね。
エビスとCKの関係がまさにそうでした。


1
こちらがCK。(オーストラリアン・シェパード)



はじめてエビスがCKに会ったときから、異常なまでの興奮を示し
夢中でダンスを踊ります。(ブレイクダンスのような行動)


4
とにかくエビス(手前)が、CKに自分の存在を誇示します。



それはCKがエビスのにおいをかぐことで一旦落ち着くのですが、
他のどんな犬にも見せることのないエビスの行動に、
最初はびっくりしたもんでした。


5
こうなって・・・・。


6
こう。



その後も、呼び戻しだけは完璧なエビスが、CKの気配を空気中に感じるだけで
何も聞こえなくなって、姿を探して走り出してしまったり。
好き、を超越した崇拝にも見えました。



2007年の暮れに、エビスがはじめて犬に襲われ軽症をおったことがあります。
さすがの犬好きエビスも直後はものすごくナーバスになり、
犬の影におびえている時期がありました。
見てるこっちが辛かった。



そんな生活を3週間くらいだったかな?続けていたところ
ばったりとCKに出会いました。
偶然とかたまたま、という言葉では片付けられないのはこのときです。
この後エビスはびっくりするくらいあっさりと、以前のエビスに戻りました。
なくしていたConfidentを、とっさに取り返したようです。



3
エビスの耳は緊張していますが、喜びでいっぱいなのがわかります。



と、そんな風に。
うまく説明はできないんですが、CKはいつも、
エビスに精神の安定と勇気をもたらしてくれたようです。
自然界で出会っていたら間違いなくCKはエビスの群れのリーダーなのでしょう。
そんなConfidentに満ち溢れたCKでした。



しかしパック(群れの)リーダーは、年を重ね、力が弱まるとともに
群れから去らなくてはならない日がやってきます。
もちろん現代社会に生きるCKは、本当に自分の群れをもっていた
わけではありません。
12歳になったCKは、ここ1年ほどの間、
何度も犬に襲われるようになったそうです。
会うたびに新しい手術の傷が、痛々しかったものです。
そんなエピソードからも、CKのリーダーとしての
資質の高さがわかっていただけるでしょうか。



2
CKに甘えるエビス(右)。



CKの飼い主さんはいわゆるアニマル・テレパスと呼ばれる方で
以前はご自身のテレビ番組も持っていらっしゃった有名人。
アニマル・コミュニケーターとも呼ぶのかな?
そういった視点から、犬の問題行動や飼い主さんの悩みを解決する
そんな方です。



一度、一緒にお散歩してるときに、ふと
「エビスくんはあなたのことを恋人だと思ってるのね~」
って言われてびっくり。
「あと自分には羽があって、飛べるとも思ってる。」
って言われて大爆笑。
はい、エビスはよく高いとこから飛んで落ちてました。
そんなステキで不思議な方が、CKの飼い主さんです。



24日の火曜日のお昼。
ニュージーランドの冬にしては珍しくぽかぽか陽気で、
鳥のさえずりを聞きながら日なたで横たわっていたCK。
台所でランチを用意していた飼い主さんが毎日のように目にしてきた光景です。
でも彼女はすぐに気づきました。
CKがそこにはいない、ってことを。



CKが旅立ってしまったことを。


7



CKがエビスに与えた、目に見えない何かは計り知れません。
とても感謝しています。
CKを慕っていた犬はもちろんエビスだけじゃありません。
まさに犬たちの「兄貴」的存在であり、アイドル、そしてリーダーでした。



もうエビスが空気中にCKを感じて、いきなり飛び出すこともありません。
いや、そんなことないかな? 走り出したときはきっと・・・。














=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

ありがとう、CK。
そこからときどき、エビスのことを見ててくれるとうれしいよ。


人気ブログランキング人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」



=================








ツイッターでここに書ききれないこと、ぶつぶつつぶやいてます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい





ブルーノへ、おくる言葉

2009.08.22 19:06|羊の国の犬たち


わたしたちの町のシンボル、「さすらい犬、ブルーノ」が
虹の橋に旅立ちました。 15歳でした。
この町はブルーノにとって小さすぎたのかもしれません。
さすらいつくしちゃったね。


3
ブルーノの逸話についてはコチラ 
→ 「さすらい犬、ブルーノ」(Dog Actually記事より)



6


ブルーノがいるこの町が大好きでした。
まさに「古き良き時代」の象徴、それがブルーノでしたから。


4


この町に彼を知らない人はいません。
そしてこの町に、さすらい犬が登場することももうないでしょう。
人口の増加、ルールの増加。
時代はどんどん変化をもたらします。


1


ブルーノの姿をみかけることはもうありませんが、
人々はきっと「ブルーノのいた時代」を語り続けるでしょう。


なんだか、色んなところで活躍を書かせてもらった。
ありがとう、ブルーノ。


2


さようなら、ブルーノ。


さようなら、私たちの町のシンボル。



また、いつかどこかで。





☆-------------------------------------------------☆
ブルーノへの「おわかれの言葉」を、写真と絵ともに
飼い主さんに送ろうと思っています。
ブルーノをご存知の皆様で、「何か一言」ご希望があれば、
コメント欄に英語で一言お願いします。必ず一緒に送ります。
(日本語でも結構なのですが、私が訳してしまうと皆さんの言葉ではなくなって
しまうような気がして・・・。できれば英語でお願いします。翻訳サイト

☆-------------------------------------------------☆




本日(土曜日)の記事はこの下にあります。↓↓




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい





羊の国の・・・?

2009.06.07 09:14|羊の国の犬たち



本日の朝のお散歩の様子です。
余計なことは書きませんので、ヘタな写真ですが
「ああ、こんな感じだったのね」と思っていただければこれ幸い。



1
ニュージーランド出身の柴犬、なみちゃん。



2
なみちゃんとシープドッグ。



3
一瞬でふられたエビス(向こう側)とビーグルさん。



4
超!かわいかった白・黒コンビ。



6
エビス(右)を追い掛け回していたプードルさん(左奥)。と、割り込もうとするクロエ(手前)。



7
逃げてたくせに、ついてこないと知ると残念がるエビス。



8
昨日の記事のルルちゃん(フレブル・3ヶ月)。



10

ゆうさんでした。



犬の散歩にカメラ持参で来る人なんていないし、
ブログをやってる人もいないし、私がやってることを知ってる人は皆無なので
いつも聞かれます。相当、犬の写真たまったんじゃない?って。
そして説明もしない私・・・。(皆さん、何に使ってもいいよーとおっしゃるので)



近所の飼い主さん仲間うちで、絶対にあだ名がついてると思う・・・・・。
*過去につけられたあだ名 → 「やっぱりミス・・・?」













=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

まあ、さすがに「緑のパー子」じゃないかとは思いますが・・・・・。


banner人気ブログランキング


blogmuraブログ村「ラブラドール」


クリック、そしてコメントは更新のはげみです!ありがとう!

=================








「メルティング・ポット」も更新中!遊びにきてねん。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい





妹をよろしく!

2009.06.06 10:19|羊の国の犬たち



ギリギリ曇りの土曜日。
ビーチにお散歩にいってきました。



カモメを追いかけたり・・・・・・・、

1



エビスを追いかけたりして楽しく歩いておりました。

2



見慣れたシルエットを遠目に見つけたので、急いで近づいていくと・・・?



先日、夕方(といってもほぼ真っ暗だった)のお散歩で会った
フレンチ・ブルドッグのオリーくん!
(参考記事 → 「聞き上手」

3


そしてもちろん、隣にいたのは妹のルルちゃん(3ヶ月)。

4
絵と違うのは、あったとき本当に真っ暗だったから。



ルルちゃんはお散歩デビューをしたばかりで、
色々なことをすごいスピードで吸収していっている頃。
数日前にデビュー以来、ルルちゃんのお散歩の歴史の大半は
クロエとエビスが占めていることになります。


5
エビス(左)を見上げるルルちゃん。 向こうにいるのはクロエちゃんとオリーくん。




この後、雨が振り出したので写真は撮れなかったのですが
しばらく一緒にお散歩を続けました。
ルルちゃんの社交性育成の、少しでもお役に立てれば幸いと思って。



で、前回と違ってお兄ちゃんのオリーくんが、そんなに間に入って
こなかったのですよ。
それどころか、「どうぞ、どうぞ。僕の妹と遊んでやってください。」
みたいな態度でした。



しばらくしてクロエもエビスも、その理由を学びました・・・・・・・・・・。



7



オリー兄ちゃん。
ちょっと一匹になりたかったらしい・・・・・・・・・・・。














=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

パピー、かわいいですねえ・・・・。


banner人気ブログランキング


blogmuraブログ村「ラブラドール」




=================








「メルティング・ポット」も更新中!遊びにきてねん。








この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい





エビスのモテ期

2009.06.04 06:50|羊の国の犬たち


我が家の愛犬はクロエとエビス。
ラブラドールの姉弟です。
(今日、登場犬物が多いので念のため・・・。)

*** *** *** *** *** ***

最近、近所に住む柴犬のなみちゃんと
平日のお散歩を楽しんでいます。


1



クロエとエビスが・・・、
というよりも超フレンドリーななみちゃん(2歳)に
遊んでもらっているという感じ。


2



・・・・・・・・しかし何といっても体力が違うので
なみちゃんにはちょっと物足りない感じ。
そんなときはクロエお姉ちゃんが、特別なくんくんスポットを
なみちゃんだけにこっそり教えちゃいます。


3


「やっぱり犬生経験をすごく長年積んでるクロエちゃんの鼻はすごい」
と、なみちゃんちょっぴり地雷を踏んだり踏まなかったり。



まあ、そんな楽しいお散歩を毎日続けているのですが
この日、ちょっとした出来事がありまして。
最近、エビスに苦手がひとつ増えました。
それは「吠える女子」


これが「吠える男子」だった場合、ぜーんぜん平気なのです。
「お?遊びてーんだな?」みたいな感じで、きちんと「興奮」を
聞き分けてるのに、女子に吠えられるとてんでダメ。
心がポッキリと折れてしまいます。


この日も帰りがけに、顔見知りのグレイハウンド、ルルちゃんと
遭遇しました。
エビスは知らないかもしれないけど、ルルちゃんはエビスが好き。
遠くからばたばたとかけてきて、エビスに向かって「わん!」
吠えた瞬間・・・・・・・・・・・・・・・?


4


凹みに凹むエビス。
ルルちゃん、エビスしか目にはいっていなかったのに。


退散しようとするエビスを追いかけるルルちゃんの目に留まったのは・・・?


7


恐らくグレイハウンドのルルちゃんが初めて目にするであろう、柴犬なみちゃん。


5


一同、固唾をのんで見守っていると・・・・・・・・・?


6


ニュージーランドで、柴犬さんとグレイハウンドの追いかけっこという
多分すごく珍しいであろう光景です。(当社比)


凹んだエビスはお姉ちゃんのクロエの傍から離れません。
帰りたがってる様子なので、楽しそうななみちゃんとルルちゃんに
後ろ髪を引かれながらこの場を退散します。


あ、でも!
さ、最後に一枚だけ撮らせて!


8


やー、いいもん見せてもらいました~。














=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

女子が苦手になってきたエビスに反比例して
エビスのモテ度がアップしてきているという、この皮肉。


人気ブログランキング人気ブログランキング


ブログ村ブログ村「ラブラドール」


そうそう、今からコアラ師匠(ダンナ)を迎えにいってきます。
クリック、すっごく励みです。ありがとう!


=================








「メルティング・ポット」も更新中!遊びにきてねん。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい