スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

ここから始めた、犬との生活

2009.10.31 14:40|我が家のエピソード


明日、11月1日は「いぬの日」だそうで。
NHK BS1の「地球アゴラ」にて犬特集が放映されるそうです。
なんとそこに!京子アルシャーさんがドイツから出演。
なんとしても見たいです。BSをお持ちの方は是非。



7



そんな京子さんのDog Actuallyでの記事、
「どこからはじめる?犬との生活(1)」を読んでいて
ふと、わたしが犬を迎えたいきさつについて思い出してみました。



5



私は小さい頃から猫が大好きで。
今でも友人の間では「猫好き」のイメージが強いらしく
「あんたが犬と暮らしてるところが想像できない」
いまだによく言われますにゃん。



そんな大好きな猫との暮らしも一人暮らしを始めたときに
一旦やめて、一人暮らしを大いに謳歌したわけです。
シンガポールに転勤になった時点で、ペットとの暮らしは一層無理だと
思ったのでSPCAにボランティアで勤めることにしました。
ただ単に猫に触りたかった、そんな不純な動機でした。



3



そこでの経験は今にして思えば大変役にたったかな。
「ペットと暮らすということは簡単ではないのだな」という考えが
確実なものになっていったように思います。
さまざまな理由でSPCAに持ち込まれる犬や猫を見ていたので。



2



そうしてコアラ師匠と結婚をして、シンガポールを離れることを
決心したとき、ペットとの暮らしが具体的に頭に浮かび始めました。
そんなときに告げられた天地をひっくり返すコアラ師匠の言葉。(大げさ)
「僕、実は猫アレルギーで・・・」
離婚しようかと思った。新婚だったけど。


だってそれまで、私が野良猫さんとじゃれていても何も言わなかったし
オープンカフェ(というと聞こえはいいが「屋台」)で猫を膝に乗せてても
何も言わなかった人だったので、疑いもしませんでした。
だまされた。(と今でも思っている)
そっから速攻で、犬の本を片っ端から読み始めました。
友人宅にラブラドールMIXがいたので(この時点でまだシンガポール在住)
その子相手に「撫で方」とか「さわりかた」とか「わしゃわしゃのしかた」を学びました。
キャンディ、元気かな。(その子の名前)



4




ニュージーランドを移住の地としてやってきたとき
一番最初にしたのがブリーダー探し。
その時点ではまだ、犬飼い(犬界)のことについてなにもわかっていなくって、
成犬を迎え入れることは正直考えてもみませんでした。
(次に迎え入れるとしたら成犬、と思っているのですけど。)



ペットショップもSPCAもない、3階以上の建物のない田舎町。
ダック・シューティングが盛んなこの土地で、子犬を見つけようと思ったら
ブリーダーさんしか方法はありません。
新聞に「当方子犬求む!」みたいなメッセージを出し、
2-3日してラブラドールのブリーダーさんから電話がかかってきました。
「妊娠が確定したから、4ヵ月後くらいに子犬を引き渡せるよ?」
何年も待ったペットとの暮らし、あと4ヶ月くらいなんてことはありません。
(ホントはすぐ欲しかったけど。)



6



何もわかっていなかった犬との暮らしだけど、何故かただひとつだけ
「犬とは待つもの」と信じていたことだけは、唯一自慢できることです。
思い立ったらすぐ手に入れるのではなく、迎え入れる環境
家族になったときから15年間の想像、他の家族の理解などを考慮して
幸せにできる確信が持てるまで待ったこと。
その上、よっしゃ!準備完了!と思ったのに更に4ヶ月も待たされたことで
「子犬を迎え入れる覚悟」だけは十分に与えられたように思います。
かなり当たり前のことですけどね、自慢できるのはそれくらいです。



あれから8年。



1




ラブラドールという犬種を通して「犬」がとても好きになりました。
しつけや健康も含めて、まだまだ犬に関して学ぶべきことは
本当にたくさんで知らないことだらけですが、犬に夢中。
これからもよろしくお願いします。




という話をコアラ師匠としていたらですね・・・・。



〆に一言・・・・・・・・・・・・・・・・・



8




は?!
「ダーリンが言ったこと、全部僕のおかげでしょ。感謝してよね。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ま、またおいしいとこさらわれた!












=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

現在、銀行時代の上司が遊びにいらしてます。
クロエちゃんは子犬時代に会ったっきり。大はしゃぎです。


banner人気ブログランキング


blogmuraブログ村「ラブラドール」


クリックありがとうございます。

=================








「メルティング・ポット」、更新中です!遊びにきてねん。








<ご協力のお願い>
殺処分ゼロを目指す『ONE LOVEプロジェクト』が2周年を迎えます。
現在の愛犬家像とは?、動物愛護に関する認知度やONE LOVEへのご意見など
お寄せいただき、今後の活動に活かしたいと考えていらっしゃいます。
アンケートにご協力、いただけますでしょうか?
→ 「ONE LOVEアンケート」




関連記事

コメント

明日はワンワンワンで「いぬの日」というわけですか。教えていただいてありがとうございます。
コアラ師匠の一言・・・??
そう言えば言えないこともないかもしれないかもしれない・・・ですかv-17(笑)

放浪中を保護した20kg超のラブmix犬に無事里親さんが見つかり、飛行機に乗って送り届けてきた所です。
私もいつからこんなことするようになったのか・・・と考えるに、やはり成犬で放浪しているのをうちの子にした長女犬に惚れ込んだことが最初かな、と思います。
私達に愛と幸せを与えてくれたこの子達に、何か恩返ししたいと思ったのかもしれません。
微々たるお返しでも、やらないよりマシだと思って、自分にできることを続けていきたいと思います。

ある猫ブログの方は 実は犬が好き
とおしゃっていて
ゆうさんは猫が好き

これってきっと 犬好きも猫好きも実は動物好きなのではないかと^^

私はどちらも好きで、犬と猫両方と暮らした経験があります。
今は 諸事情(住宅)で飼えないけど(pq)クスン

やっぱりゆうさんは素敵だなぁ~(*´ェ`*)
ゆうさんは、猫も犬も好き。
私はゆうさんが好きー!!!

実は、Timも犬・猫アレルギーだったそうです。
でも実家に犬も猫もいたんですけどね^^;

こんにちは

こんにちは。犬かわいいですね。
興味深い記事をありがとうございます。
また見に来ます。。。

私は物心ついたときにはそばに猫がいた。
猫が近くにいなくなったな、と思っていると不思議と猫のほうからやってきた。そんなことの繰り返し。
今は犬&猫の生活。
でもね、犬も猫も簡単に飼うものじゃないってことも十分にわかってるつもり(つもりなだけかも?)
実は最初の犬を迎えるに当たっては2週間しか考えなかった。それで一緒に暮らし始めちゃってやっぱり戸惑うことが多かったし。何よりも犬のこと無知だった。それに、猫のことも無知だったのに気付いたりもした。
ゆうさん、偉い!
犬を飼う人も、猫を飼う人も、衝動で飼って欲しくない。動くぬいぐるみじゃないもの。
大変なこと、面倒なこと、たくさんあるしね。

一緒で~す。

ゆうさんも子供の頃からにゃんこ好きだったんですね。私もそうだったんですよ。
捨て猫を拾ってきてこっそりタンスの中で飼っていました。
母に見つかりましたが飼う事を許してもらいました。20歳過ぎまでにゃんこ一途でしたね。
結婚してからわんこ好きの夫に負けていろいろな本を読み勉強してラブラドールだと。そして今のラブラドールのわが子と出逢いました。もう15歳になりました。

衝撃事実!

わんこよりにゃんこ好きとはビックリしました。
私もわんこと生活してしみじみ思うのは、
飼うと好きは違うな~という事でした。
やはり飼う前には、
自分が希望している犬種について多少なりとも、
勉強が必要だと思っています。
私は少しだけですが、希望犬種の事を勉強していたので、
病気になったとき獣医さんといろいろ相談でき本当に助かりました。
大事な命を預かるんですもんね。。。
こちら側も努力が必要ですよね。

それにしてもコアラ師匠、おいしすぎです。笑えますv-8

はじめまして!

いつも楽しく拝見しています☆
私も大の犬猫好きで、今実家で猫を1匹飼ってます。去年まで犬もいました。
私も結婚したら猫を飼いたいと思っているのですが、ゆうさんの旦那さんと同じく私の彼が猫アレルギーでして…
なのでゆうさんのショックな気持ち、わかります。
思わずコメントしちゃいました。笑
でもコアラ師匠さんの猫アレルギーがきっかけでクロエビスが家族になったわけだし、やっぱコアラ師匠さんのお陰なのかも…?
それを自分で言っちゃうコアラ師匠さん、素敵です。笑

猫でも犬でも、動物と一緒に住むのは良いですよね。大変な部分もありますけど。
これからも微笑ましいクロエビスとの生活を楽しみにしていますね☆

>「犬とは待つもの」
私もそう思います!
実はうちのわんこを迎えるまで、私は20年以上その時が来るのを待っていたんです。
手元にある10歳の頃に書いた将来の夢には「大人になったらチワワを飼いたい」と犬種まで指定してはっきりと書いてあります。
ブリーダーさんからも「こんなに長く犬を待っていた方は初めてですよ~」って言われました(笑)
そして、うちのわんことは運命的とも思えるような出会いを果たしました。
うちのわんこがわが家を選んでくれたんだって思っています。

うんうん!

こんばんは。とっても共感できます。
うちは夫婦2人と犬一匹ですがしつけも、お互いの理解も、人間同士も「待つ」のが大切だな、と思います。
うちの旦那も「俺のおかげ」ってよく言います。笑
万国共通なんかな?
ゆうさんちの影絵家族写真、とってもいいですね。見た瞬間にきゅん!としました。(死語?)

私がゆうさんのブログになぜこんなに惹かれるのか分かった気がします。
ゆうさんの犬に対する考え方とか、接し方が好きです。
お勉強になったり、とても共感するところがあったり・・・。

私も昔は絶対猫派!結婚したら猫を飼いたいなぁ~って思っていたら、
旦那に「猫は嫌だ!犬を飼うぞ」と言われました。
そして今は、犬の魅力に夢中♪かけがえのない存在になっています。
ええ、今では旦那に感謝していますとも!

最近は犬のパワーがすごいですね~NHKもそこに来たか~!という感じです。とても気になります☆

初めまして。毎日楽しく拝見しています、読み逃げでゴメンナサイm(__)m

広島でとってもちっちゃな保護活動をしています。
多くの、苦しみながら家族である犬猫を手放す飼い主さん、反面とても悲しい話しも耳にします。

でも、犬でも猫でもあまり肩肘張らずに迎えていただけたらな、とも思うんですよ。
子や孫のように家族が増える。
それぞれの子や孫に性格によって違った対応をするように同じ家族である犬猫に接していただければ、と願います。

クロエちゃんがキャンディーバージョンでカツカレーを注文する画像を心の支えにしております(^O^)

初めてコメントします。
今年7月に15年飼っていた愛犬ゴンが天国にいきました。

日々寂しい思いをしてますが、新たに犬を飼うと思うと色々考えてしまいます。

15年の私の生活、しつけ、お金等々考えることはいっぱいです。衝動買いなんてありえません!

考えすぎるのもよくないとは思いますが、大切な命、最後まで楽しく過ごさせたいと思ってしまいます。
一匹でも幸せなワンちゃんが増えることを祈るばかりです。

これからも応援してます。クロエビスでいやされてます。

4人(2人と2匹)の写真に感動

最後の写真にじわ~っと感動しました。
おととい胡麻油をまぶしたネギを盗み食いしたうちのワンコ。丸一日たってどす黒いおしっこがでて、出来るだけの処置はしてもらいましたが(こればっかりは解毒剤がないそうで)、昨夜はまんじりともせず夜を明かしました。
溶血は止まり、おしっこの色は元に戻り、今心から感謝の祈りをささげたい気分です。

NZとSPCA

はじめまして♪毎日ニタニタしながら拝見しています。

今は5ヶ月になる息子と名古屋で家族3人で暮らしていますが、
5年程前に「ドッグセラピスト」になるべく、仕事をしながら勉強していた私。
在学中にNZ(オークランド)へド短期ホームステイをし、SPCAへも勉強しに行きました。

日本で保護される犬や猫たち・・・。
その犬を引き取り「セラピードッグ」として育て、社会に貢献できる様目指していました。
NZのSPCAでのボランティアでは、日本の保健所で見た光景とは全く違い、
この世に生を受けたものとして当然の扱いをされているのに感動し、
日本とのギャップにショックを受けたのを覚えています。
犬舎の掃除でデッキブラシにじゃれてくる犬達・・・。
その子と共に過ごそうと、引き取りに来る温かい目のNZの人達・・・。

今は家庭に入り、犬と関わりあえる仕事はしていませんが、私を人間的に成長させてくれたのは言うまでもありません。

長々と自分の事を書いてしまってスミマセン。
大好きなNZとゆうさんのブログ。
そこに以前お世話になったSPCAのことが書いてあったので、思わずコメントしてしまいました。

これからも育児の合間に楽しく読ませていただきます。
いつか・・・また・・・
あの素敵なNZの街を歩けますように♪

わたしもー

内容はもちろんのこと家族写真に感動です。
とても素敵です。


いつか

自分にも犬と一緒に暮らせる日が来るといいなぁ


なかなか決心がつかなくて(^_^;)

覚悟って言った方がいいかも・・・

ゆうさん一家を見ているとクロエちゃんも、エビスくんも、幸せそうですよねぇ
もちろん、ゆうさん夫妻も幸せなんでしょうけどね♪

へえええ!ゆうさんは猫派の時代があったのですねえ!!!びっくりの過去です。

私はずーーーーっと犬と暮らして成長してきたのですが、今は住宅事情で犬と暮らせず、寂しい限り。
いつか広い庭付きの家で、大型犬と暮らしたいです。

本日のクロエちゃんのくせっ毛お天気予報、くせっけがくるくるくるくる♪につき、湿度が高いのでしょうか??(笑)

うちの花は事情があって急に家に来ることになり、何一つ準備をしていない状況で迎え入れました。
心の準備、環境、お金のこと、知識、ネットワーク…足りないものだらけで…。
あわてて頭に叩き込んだ間違った知識、準備不足で変に気負ってしまったことで、花にいやな思いもさせてしまいました。

本当に「待つ」ということは大事なことだと思います。
あらためて考えさせられました。
命をあずかることの大切さ、大変さ、でもそれ以上の花からもらったたくさんの幸せ。
いろんなことが思い返されました。
大切な花との1日1日を、今以上に大切に過ごしていこうと思います。

私もゆうさんの犬に対する考え方とか接し方がとても好きです。
これからもずっと応援しています。

初めましてです!

友達に『おもしろいブログがあるよ』と紹介してもらったゆうさんのブログ…。
シャレになりません。
おもしろすぎで2週間で全部、ぜ~んぶ読んじゃいました^^!!クロエちゃんエビスくんの気持ちを手に取るように読みとるところに脱帽し、イラストの可愛さにニヤニヤが止まらず、異国の大自然に囲まれた生活にちょびっとジャラシーも…^^;
その中でも一番うれしかったのが『ここから始めた、犬との生活』です。まさに、今私も仔犬ちゃんを待っている状態です。
秋頃にうちに来ることは決定してます^^!よし!飼うぞ!って決めてから、もうすぐ1年が経ちます。私はこの時間があって良かったって思ってます。本当に信頼できるブリーダーさんにも出会えたし、いろいろな方(ゆうさんを筆頭に^^)のブログを通じてわんちゃんのことをいろいろ学べてわたしにとっては貴重な時間でした!
友達に『よく我慢できるねー』『あたしだったらそこまでこだわらないなー』など、言われてあたしって気にしすぎ・・?と、思っていたところもあったので、ゆうさんの言葉は本当に本当にうれしかったです!
これから1日1日「子犬を迎え入れる覚悟」の気持を大きくしていきたいと思います^^!『犬とは待つもの』ですよね!

追伸:あまりパソコンが得意でないアラフォ~な私、昔の記事にコメをいれてゆうさんに読んでいただけるかわからぬままですが、感謝の気持ちを言わずに入れませんでした^^!
これからもクロエちゃんエビスくんゆうさんそしてコアラ師匠!!お体に気をつけ下さい^^そしてブログも楽しみにしております^^♪
ありがとうございました~
非公開コメント