スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

ゴッドファーザー体験

2009.10.29 12:06|NZ




先日の「Dog Actually」の記事で「北欧のヘラジカ狩とスピッツ猟犬」
という記事を読んで、思い出したエピソードが・・・・。



それはまだ、クロエちゃんが小さかった頃。
わたしたち家族はワナカという、当時人口二千人にも満たない
小さな町で暮らしていたときのことです。



5
ワナカ湖




その日、理由は忘れちゃったけど外出の予定があり
クロエちゃんを半日ほど、友人宅で預かってもらいました。
(そこには”バスター”という名のラブラドールと猫がいて、クロエお気に入りの場所)
夕方近くにクロエちゃんを迎えに行ったときのエピソードです。



ここからゴッドファーザー的要素がてんこ盛りです。
ちょっと覚悟をきめて(大げさ)読みすすめてください。



クロエちゃんを迎えに、るんるん気分で
その家のゲートまでたどり着くと・・・



1



2
で、これはほんの序曲。



そこんちのご主人が野生のシカ狩りに行ってらしたそうなんですね。
バスター(そこんちのラブ)がそれを噛もうとするから、庭先に
置いておいたそうなのです。




「クロエちゃんがお世話になりました」と告げると
「ああ、今、バスターと一緒にガレージで
遊んでるはずだから。 ちょっと待ってね、開けてあげるね。」

と言って、ガレージの開閉ボタンを押すと・・・・・・・・・・・・・・・・・?



3



1



4



これぞディープサウスのライフスタイル。
藤田さんも書かれているように撃てるシカの種類をはじめとした
細かい制限と厳しいルール下で狩りは行われています。
滅多なことでは仕留めることはできません。
私はこの土地での生活で、食べ物に対する感謝の気持ちが
いっそう育まれたように思っています。
野菜もお肉も、ありがた~くいただけるようになったかな。



クロエちゃんの、子犬時代のワイルドなエピソードのひとつです。












=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

クロエちゃんはここんちの猫と大の仲良しでした。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」


クリックありがとうございます。

=================







「メルティング・ポット」、「ぞっとする話」更新中です!遊びにきてねん。






関連記事





コメント

ナーラ先生といいクロエちゃんってすっごい乙女なのにワイルドな子犬時代を送ってますよね…。

うちの旦那はこの間仕事場のボスの別荘で牛の解体を見たそうです。頭を落としたところは平気だったけれどお腹を開けたところは気持ち悪かったと教えてくれました。教えてくれなくていいって言ったのに…

鹿はたたきが一番おいしいと思います。

きゃわいい

パピーのクロエちゃん!
めっちゃかわいい♪
かわいいかわいい♪

でも 鹿はグロイ

うわーーーーー
貴重な体験をしていますねー、クロエちゃん!!
日本じゃあこうは行きません!

クロエちゃんはすばらしい先生に恵まれていたからこそ、こんなに素敵なレディになったのですわねえ~

おお!生き物がお肉になる過程!中々見る機会がないですよね。
クロエさんが残さず綺麗に食べるのはこういったスローフード教育の賜物でしょうか?

お?おおおおおおおっ~っ!
クロエちゃんは小さな時から
(ある意味)英才教育をほどこされたのですね・・・。
なるほど、立派な女優&秘書になるわけですわ。
経験豊富ですもんねー。

なんと世界は広い! 鹿ですか! スケールが違います  やはり体験が人を いやいや 犬を育てますね ちょっとやそっとじゃ動じなくなります なるほどなるほど

私が住んでる所は関西のド田舎なんですが、猟友会による害獣としての鹿の駆除が時々行われ、猟師さんは家で鹿を解体して、鹿肉を食べられます。
私が嫁に来たばかりの頃、何も知らずに、用事で近所の家を訪ねた時、裏口の引き戸を開けたとたん、目の前に鹿のバラバラ死体が吊るされていました。
私は恐怖で凍りつき、その場から一歩も動けませんでした・・・。

お久しぶりです。コメントは2回目です。
皆さんのコメントを読んで、ちょっとショック?だったので、コメントさせて下さい。

ゴットファーザーではないですが、東京都内の我が家では冬には頻繁に仕留めて来た屋野生動物が裏庭で血抜きされています。
父が猟をするので、猪、鹿の白骨頭頂部も家に多数ありますe-445

野生の鹿は強い肉(お腹を下す恐れがあるので)生食での餌は避けておいた方が無難です。血を舐めてお腹を壊した子も居ます。

猟犬最初の訓練はまず匂いと獲物を確認すること。
パピーの頃に猟犬教育を受けたクロエちゃんなら猟犬の素質があったのかもしれませんね~e-487

バスター先生やナーラ先生、クロエちゃんのパピー時代は素敵な環境だけじゃなくて、素敵な先生までついていたんですね~!

うちの花は私の間違った過保護でパピー時代にあまりいろいろな体験をさせてあげられなかったので、そのことがずっと心に引っ掛かっています。

いろんなことに興味しんしんなクロエちゃんが目に浮かびます(…かわいいv-238

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
北海道に住む私も以前農家のワイルドなおじさんに『鹿肉やるからおいで』と言われノコノコお邪魔すると、そこにさっき撃ったばかりの鹿さんがゴロリといらっしゃいました。
その生暖かい足の肉をいただいて帰るとニオイを嗅いだ我が家の2匹のワンコは食べたくて狂い鳴きしてしまいました。
もちろん食べさせませんでした。もったいないしフードを食べなくなったら困るので。
リンクさせていただきました。
(ご迷惑でしたら外します。)

ワイルド~

クロエちゃんが食べ物に対して”ヨダレトマラネーゼ”になったのはバスター先生の”食べ物の大切さ”や”美味しく頂くことの大切さ”の教えがあったからでしょうか。
クロエちゃんのパピー時代にはナーラ先生とバスター先生からいろんな事を学んだんですね。
パピー時代の経験ってほんとに大切ですね。

クロエちゃんとってもワイルドなパピー時代を過ごしていたんですね!
乙女に育ったのが不思議なぐらい(笑)
でも、とっても貴重な経験ですね。

思い出しました!
8年前、ワーホリでNZのNAIPERにホームステイしていました。
その家のお父さんの趣味は、ガレッジセールと狩り…。

ある日、学校から帰るとガレージ付近になんとも言えないにほひが充満…。し、鹿が天井からぶら下がってる!!犬が周りで跳ねてる!

その日の夕食は、WILD VENISONのステーキでした。何事も、経験経験。

それで?

クロエちゃんが生肉に執着があるのは。。。
解凍中からヨダレが止まらないのは。。。
きっとそこで美味しい思いをしたんやろな~違うか?

★いのりさんへ
そうですね。クロエちゃんの宝物はこの小さい頃の経験かもしれませんね。


★Contyさんへ
パピーのクロエちゃん、まだ毛はくるくるじゃなかったんですよね~。
今度写真載せます。


★まめこっちさんへ
うん、クロエちゃんはホントに恵まれてたと思います。
襲われたことも2-3回あったんだけどね。


★西園寺さんへ
うん、本当に。
小さい頃からこういうのを見慣れるっていうのは、大切なことなんだと思いましたよ。


★Rikushiさんへ
そう、なので都会(ってほどでもないけど)暮らしに退屈してないか、日々心配なわたしです。


★ひゅうがっちさんへ
最初に見たときびっくりしましたけどね~。
人間のなれってすごいと思いました。


★まふまふさんへ
おおお~、ばらばらでしたか。
私はまだ、お肉やさんの巨大冷蔵庫って感じだったからまだ平気だったんですが・・・。
お察しします。いまは平気かな?


★メガ姐さんさんへ
はい、しっかりとにおいは覚えたみたいですね~。
この土地は猟が盛んな場所だったので、クロエちゃんも素質はありありだったんですよね~。
ちょっと申し訳ないと思ってマス。


★らんさんへ
はい~。他には獣医さんの犬で「ジラ」っていうお姉さんがいました。(ラブMIX)
先輩にすごく恵まれていましたね~。


★チャンスパパさんへ
はじめまして~。コメントありがとうございます。
返信が遅くて申し訳ありません。
リンクありがとうございます。迷惑だなんてとんでもございません。


★ちゃままさんへ
はい~。ほかにも「ジラ」姐さんとかたくさんいましたね。
先輩ってホントに大切な存在ですね。


★MaKoさんへ
確かにっ!
かなりワイルドな英才教育?をうけていたにも関わらず、おっとりのんびりの子になりました。
いざとなるとスイッチが入るみたいですが、普段はふにゃ~としてますからね~。


★bibi@大阪さんへ
そうですよ、何事も経験・経験。
そう思うbibiさんは、ニュージーランドからたーくさんのことを吸収されたんだろうなと思います。


★cooさんへ
あー、どうやろ?でもしっかり覚えてると思うよ~。
クロエちゃんは代々猟犬の家庭やからね。


非公開コメント