FC2ブログ
スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

角を曲がると、そこには・・・?

2009.10.10 05:21|NZ




「トンネルを抜けるとそこは雪国であった」
というのは川端康成先生の有名小説「雪国」ですが。
前回、日本に一時帰国した際、ちっちきさんと一緒に
福井を訪れる機会に恵まれました。
そのときにこの「雪国」体験をすることができたんですよ。
京都から福井に抜けたトンネルで。 



1
あと「火サスごっこ」。




思わず大声で「トンネルを抜けると本当に雪国なんだねえ!」
感動ひとしきり。 
空気感がまるで変わって、忘れられない体験でした。




先日、これとベクトルはだいぶ違いますが
「XOXOを抜けると、そこはXXXXであった」な出来事が
近所でありました。
それはですね・・・・・・・・・・、



「角を曲がると、そこには・・・・・・・・・・」



3



猪突猛進しようとするエビスを必死の形相で止めるゆうさん。
肩がもうちょっとで外れるかと思いました。
怒らなきゃな・・・、とも思ったんですが、
「角を曲がったところでニワトリがいたら、そりゃあ追いかけるわな。」
と、思ってしまった。 
まあ、最初で最後の出来事だから今回はいいよ、とエビスを見やると・・・



2



・・・・・・・・・・とっくに反省してました。



追いかけてたオバちゃんに、「あなたのペットですか?」って聞いたら
「違う!違う!迷いニワトリなのよ!車にひかれないようにしなきゃ!」
と、道路の真ん中まで出てって保護されてました。 偉いなあ。



ちなみにうちの近所のような住宅街でニワトリを飼うのは、
さすがのニュージーランドでも違法なはず・・・。
飼い主さん、名乗り出れないだろうなあ。
それにしてもこっそり飼いにくそうなペットだなあ、ニワトリって・・・。













=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

昔、「角を曲がるとそこには羊」っていうのは
何度かありました。(@ワナカという田舎町)


人気ブログランキングへ人気ブログランキング
1頭だったり(頭?)・・・・・・・・・。

ブログ村へブログ村「ラブラドール」
たくさんだったり・・・・・・・・。

クリックありがとうございます。

=================







「メルティング・ポット」、更新中です!遊びにきてねん。





<お知らせ>
4
現在、「The Otter's Tail」さんとコラボ企画実施中です。








<お知らせ>
前回、「伊予の香ポン酢」さんとのコラボにご注文いただきました皆様。
大変お待たせいたしました。 ゆうさんのせいで遅延となりましたが
発送を開始しております。(ご感想もいただき、うれしい限りです。)
お手元に届いていらっしゃらない方。今一度「メールボックス」をご確認の上
「確認メール」の受信をお願いします。 
ありがとうございます!

伊予の香ポン酢さま & ゆう)
関連記事





コメント

え?違法なんですか?うちの旦那の親飼ってましたよ。放し飼いじゃなくてケージの中でしたが卵をとるために。あ、それとも放し飼いが違法ですか?クライストチャーチに行ったときにペット(?)として飼われてたどっかの雄鶏が早朝から騒がしかったのを思い出します…。雄鶏は住宅街向きじゃないな…と朝早くから思っていたのを思い出しました(笑)

ニワトリ飼うの違法なんですか?!
実家の集合住宅(ペット不可)で下の階の人飼ってましたよ。オスニワトリを。
お祭りのヒヨコが育ったらしいのです。
朝5時ごろ毎日鳴いてくれるんですよ。
そりゃもう立派で・・・。
階段に放し飼いされてた時は怖くて横通れませんでした。

うちのあたりじゃ、それ日常茶飯事ですぅ~(涙)
必死で犬達を押さえながら、飼い主の農家に向かって(人が表に出てても出てなくても)「ニワトリ道に出てますよ~!」と叫びます。
内心「出てるニワトリには責任もてないぞ!!!」
道を曲がったら、牛または馬!というのもたまにあります。
これは犬達もビビるので突進しないから助かりますが、向こうが突進してくると恐いので、やはりこっちがすみやかに逃げますね。
反省するエビス君がエライです。うちのやつらは絶対それで反省なんかしませんから。

こんにちわ♪

オテで許してもらうってww反省のポーズとる猿じゃないんだから(*≧m≦*)ププッ

エビちゃんが反省するたびに、クロエ姉さんは頭をばしばし叩かれるのね(笑)お疲れ様、クロエちゃん。

私は鶏が苦手です。あの目でひとにらみされたら、すすすすすみませんっ!と思いますもの・・・飼育小屋の鶏につつきまわされたトラウマでしょうかね。
角を曲がったら鶏だったら、一目散に逃げます。エビちゃん、勇気あるなあ~。

次回の角を曲がったら・・・に期待!
わたしの職場は山奥なもので、角を曲がるとイタチか狸が走ってます。かわいいでしょ(笑)

うちのワンコは・・・

逆ギレしますよ。あたしが怒ると、お水の容器を鼻先でぐんぐん押して、あたりを水浸しにしてくれます・・・。エビちゃんの反省は、本でも笑わせてもらいました♪
うちにも早速届いて、ゆうさんの直筆サインに感動しております!本で笑って、帯で泣いて。昨夜は忙しい夜でしたw

私もびっくり!

鶏が違法なん?
日本はオッケーやよね?
NZやのに意外~~って失礼?^^;;

迷い鶏って、英語でなんと言うのでしょうか?
lost hen ?

迷っているだけなら良いけど、野良鶏だったら怖いですね。

私も鶏がダメなんてびっくりしました。
日本で禁止されている所なんてあるのかなぁ?
今年の夏、同じ様に我が家の愛犬も『はぐれ鶏』を追いかけて、腕が抜けそうになりました(^_^;)


エコバッグが欲しくて注文しにいったら、もう完売(>_<)
もっと早くするべきだった(:_;)

 昔、犬の散歩をしていて

角を曲がったら豚!

 って経験ならあります。

超デカイ豚で慌てて犬を引っ張って回れ右して逃げた記憶があります。

あはは。ゆうさんの肩が外れなくて良かった^^
うちの近所では角を曲がると猪っていうのは何度かあって、
ソフィーを引っ張って一目散に逃げました。
鶏もひよこから飼ってると可愛いんだろうな~。


ほじめまして☆

夫が買ってきたゆうさんの本、羊の国のラブラドール生活白書を読みました!初めて知って面白くブログもたくさん読ませていただきました。うちもラブラドールを飼っているのですが、本当に楽しませてくれます☆
ゆうさんに感化されてブログ始めたので、良かったらまた遊びに来てください♪
リンクも良かったらお願いしま~す!!

ふ、福井!

来てたんですか!?!?去年の話ですかねぇ?去年は結構雪降ってたし・・・

わたくし実は福井っ子です。今も普通に生活してます。もし、また福井に方に来ることがあればご一報いただければもっとおいしいお店紹介しますよ~ (^^)

スウェーデンです!
ストックホルムのダウンタウンから地下鉄で10分のところですが…角を曲がったら鹿とぶつかりそうになりました!一瞬固まりましたが、大事に至らず命拾いしました。

反省の波及

エビちゃん


反省するのは、大切なことだけど、お姉ちゃんを捲き込んじゃダメだよ(笑)

そんなエビちゃんに、何も言わず(実は、文句を言ってる?)に付き合ってくれている、クロエちゃんの思いやりに、ホッコリします。
エビスくんの突撃を阻止した、ゆうさんの強肩ぶりに驚きました!


サスガです(爆)

めーりさんの羊♪ 羊♪ 羊♪

バナーイラストの a 羊 & crowded 羊s がツボです(笑)
あーかわえええ~~~♪ 表情がたまらん(笑)

ニワトリ・・・

エビスくんもびっくりしたんでしょうね。
まさかニワトリと出逢いがあるとは・・。
田舎暮らしの私もなかなかニワトリさんとの出逢いはありませんよ。
エビスくんの反省する姿はいつもながら必死さを感じますね。
怒れませんよね~その姿を見ていると。

★いのりさんへ
ん~、カウンセルによっても違いますけども、うちのカウンセルでは
「隣の家から10m離れ、Boundaryから2mはなれたところに鳥小屋を作って、雌鳥を6羽まで飼ってよし」
というルールですが、贔屓目にみてもこの近所でこれを実現させれる敷地は見つからないので、やっぱりダメじゃないかなあ?
隣の家の人が飼ってたけど、やっぱり近所からすごい苦情が出たみたい。 うちにもよく遊びにきて、犬たちが大興奮してました。
ニワトリって切羽詰ると飛ぶのね、みたいな・・・。


★ミキさんへ
日本のルールはわかりませんが、多分あんまり厳しくない・・・?
ニュージーランドでは雄鶏は飼育禁止(ペットとして、ってことね)、豚とかヤギなどのFarm Animalも申請が必要です。
(で、多分断られる)


★Mi-goroさんへ
ニワトリ逃げてますよ~!ってなんか日本の田舎の風景、って感じでほのぼのします。
って、当事者はそれどこじゃないか!ごめんなさい!
でもね、確かにそうですよね。私も昔、「逃げ牛」に出くわしたことあるんですけど「飼い主でてこーい!!」って思いましたね、さすがに(笑)。


★みみーんさんへ
オテさえすれば大概のことは許してもらえるのだ、というのがエビス・ルールみたいです(笑)。


★まめこっちさんへ
隣に座らなきゃいいと思うんだけど、「あっ!ママが怒るわ!」と思うと座っちゃうんですね~。
さがだねえ・・・。


★なみ@大阪さんへ
そうなんですよ~。エビスは「反省の達人(犬)」なんです。
なのになんで繰り返すかなあ・・・。


★Cooさんへ
うん、それでいくと日本って豚さんも飼っていいでしょ?
こっちでは申請が必要で、広い敷地(エイカー単位の)がないと多分許可がおりないんだよね。
あと周囲の家の許可も必要だと思う。


★くんさんへ
そうなんですよ。「ダメ」ってわけじゃないんですけど条件が厳しくって。
それをクリアーできていない家はダメ、みたいです。で、その条件ってのが要するに「広い土地つき」なので、住宅街ではほぼ無理なのです。
あ!Otter's Tailさん、再入荷がありますからね~。またご報告しますね。


★鯊乃さんへ
ひ、ひえええええ!すごい体験ですね~。
豚さん、その子にもよるけど追いかけてこなくてよかったですね~。


★マルコさんへ
い、いのししー!
追いかけてこなかった?大丈夫だった?
ちょっと怖いよね~。
私は以前、「迷い牛」にでくわしたことがあるけど、犬連れじゃなくてよかった~。
一目散に逃げました。


★エマさんへ
ご購入、ありがとうございます~。大感謝です。
ご感想も恐縮です。
リンクもありがとうございますで、なんかもう感謝の詰め合わせセットです~。


★かおさんへ
2009年の1月なんです。福井、すっごい気に入ったのでまた行きます!
てか、雷鳥に乗りたかったんですよ(笑)。今度はもっとゆっくりしたいなあ。


★M子さんへ
えええええ~?!し、鹿?!それも街中で?!
や、やるな・・・スウェーデン・・・。
デザインだけじゃなくて、鹿までも・・・(笑)。


★ぶたまるさんへ
ねえちゃんがすぐ横に座るから悪いのだ。
オテはエアー・オテよりも、誰かに受け止めてほしいのだ。
(From エビス)


★ぼんさんへ
あはは、ありがとうございます~。
ワナカにいたときは結構しょっちゅう(でもないかな?)遭遇してました。
もう最後のほうにはクロエちゃん、慣れちゃってたかな(笑)。


★ちゃままさんへ
いつかあるかもしれませんよ~。
ニワトリは突然に、ですよ(笑)。


犬と鶏

こんにちは、ゆうさん。フランスで黒ラブと黒羊を飼ってるおはなです。我が家では、にわとり(ちなみに黒鶏ではない)も飼っているんですが、これが、たまに柵から出て庭を散歩してるんですよ。一番最初の時に、追いかけそうになったのを叱ったら、それ以来、庭ですれ違ったりしても、なんも言いません。鶏は怖がって伏せ態勢になっていますけど。あまりにも新鮮すぎるということで、ゆで卵が上手にできないのが悩みです。ふふふ。

★おはなさんへ
きゃー、おはなさん、おひさしぶりぃ!
やっぱり慣れなのかなあ。
うちのクロエビス、カモは平気なんですよ(笑)。DNAを全くシカとです。
最近、近所に小鴨が生まれてサッカーチームくらいの数羽がぴょこぴょこしてます。それを愛でてるクロエビス・・・・。
ゆで卵って新鮮だと上手にできないんですね?!知らなかった~。
非公開コメント