スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


いろいろ揃う

スポンサードリンク

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

スポンサードリンク

仲良し

2009.10.08 09:47|普段の2頭




1


2b


3


4



まあ、大概が私にスリスリしてて、そのまま勢いで
隣にいたエビスにスリスリ、っていうパターンなんですが。



エビスはまるで「だるまさんが転んだ」状態で止まります。
イヤならすぐに逃げるはずなので、まんざらでもないんだなあ。













=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

まだまだ続きます。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」


クリックありがとうございます。

=================





「メルティング・ポット」、更新中です!遊びにきてねん。




PonzuBanner
「伊予の香ポン酢」(Cafe Rest mars)さんとのコラボ企画に
ご予約いただきました皆様。発送がはじまっております。
プレゼント作りに手間取ってしまい、時間がかかったことをお詫び申し上げます。

まだお手元に届いていない方々に大切なお願いなのですが
「メールボックス」の再チェックをしていただき、「確定メール」の受信を
確認していただけますか?
もしも「確定メール」が届いていない、というお客様。ショップまで
ご連絡いただけますと助かります。 よろしくお願いします。





富士丸くんな日々に  → 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のラブラドール絵日記シニア!!の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい






富士丸くんの訃報に関しまして、皆さんそれぞれのGrievingの
仕方がありますので私が書くことじゃないと思ったのですが・・・。
メールやコメントで、「富士丸くんを通してクロエビスを知った」という方が
とても多く、感謝の気持ちを伝えたいと思いました。



富士丸くんと前回会ったのは今年の2月のはじめ。
親友の結婚式があったので一時帰国をしていたのですが、
実はそのとき、ちょうど本の話を学研さんからいただきまして
予定を変更して東京滞在を1泊だけいれたんです。
編集の方々との打ち合わせで、「富士丸くんに参加をお願いしましょう」
という案が一番最初に出ましてね。急遽父ちゃんに連絡をさせてもらいました。
そのときはどういう形で、とは決まってなかったけど
「よろしくお願いします」の挨拶をしに行ったんです。



富士丸くん1
そのときの富士丸くん。



何度かあったことがあるとはいえ、本物の富士丸君は父ちゃんの書く
ブログそのままだし。そんな富士丸くんをブログを通して愛し続けた
読者のみなさんよりも知ってるなんてこれっぽっちも思ってません。



富士丸くん2


ただひとつだけエピソードを。


「ちょっとジュースかって来る」と、自販機まで駆けていった父ちゃんの
後姿を穴が開くほど見つめ続けていた富士丸くん。
声をかけようが、他の犬が通り過ぎようが、一切目線を父ちゃんから
離すことなくひたすら見つめ続けていた富士丸くん。
富士丸くんの世界には、父ちゃんしかいなかった。
そんな世界ですごした7年間は最高に幸せだったと思います。



富士丸くん、どうぞ安らかに。