FC2ブログ
スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

更新のお知らせとリンク

2009.10.05 20:02|お知らせ


「Dog Actually」今週の記事がアップされています。


動物愛護週間と世界動物保護デーがありましたので
SPCAの教育センターに取材に行って来ました。


上記の期間中、色々と考えさせられるきっかけになる
記事やメディア報道がありましたね。
この流れが途切れてしまいませんように。


↓↓もしまだごらんになってない方は是非↓↓


○News Japanの他のシリーズ
○News Japanに拍手
(From オリバー・ウッドのイギリス動物日記


○世界動物保護デーによせて1
○世界動物保護デーによせて2
○世界動物保護デーによせて3
(From Bodai Blog


○食を知る1
○食を知る2
(From SMILES@LA


○動物愛護はだれのため?
○アニマルウェルフェアってなあに?
○10月4日は「世界動物保護デー」
(From Dog Actually



以前、西園寺さんにいただいたラブラドール写真集の中に
とっても気に入ってるQuoteがあります。


”You are a child of the universe,

no less than the trees and the stars:

you have a right to be here."




人間だけじゃありませんね。
全ての生き物は持ってます、「ここにいる権利」。
多くの動物たちの存続が、どうして人間の都合によって決められるのか?
それは本当に仕方ないのか?大変考えさせられた時期でした。



わたしたちは毎日色んな命をいただいています。
全員がベジタリアンになればいいという極論ではなく。
自分が口にするものに興味を持てば、すべきことが見えてくるかも。
だって、You are what you eat.



あ、Dog Actuallyの記事は
「子どもたちへの動物愛護教育を進める、
 SPCAオークランド教育センターの取り組み」

です。長い(笑)。



では、おやすみなさい。



あ、今日の絵日記はこのすぐ下です。忘れるとこだった。



関連記事





コメント

日本には残念ながらSPCAがないですよね。
これだけペットを飼っている人が多いのに。ボランティアで一生懸命犬や猫を保護している人たちがいる一方、生体販売のペットショップや、保健所に動物を持ち込む人たちに対して何の処罰もなされない日本という国は、どんなに経済発展しても心の底では貧しい国だと思います。
そういう私も日本在住なんですけど。

大人気!! モモエリ、さくりながイメージガールになりました!!

登録料一切不要!! ハッピーメール登録はコチラから☆

http://www.happymail.co.jp/?af4239120

一概には言えないですが、日本は動物虐待王国だと世界では言われているそうですね…
その国の動物を見れば、その国の豊かさが分かる、
日本は貧しいなぁと思います。
とても一生懸命に活動されている愛護家の方々同士でのトラブルも絶えません。

勿論、素晴らしい方々も沢山います。

憂いているばかりではありませんが、心の貧しさに悲しくなる事も多いです。

動物愛護週間のイベントでさえ、間違った方向に流される危険があると言われる現状があります。

YOU ARE WHAT YOU EAT

このシンプルなメッセージは、とても奥深いですね。

全ての命が召されるその時まで、せめてどうぞ健やかにと思います。

犬を愛するわたしです。今日は、マリと一緒にねます。
動物が可愛くてしかたないです。猫可愛がりです。まあとおなじ

ひゃ~!こんな立派な他の方の記事と一緒にリンクして頂いてありがとうございます!
本当にものすごく色々なことを考えさせられた期間だったのですが
なかなか言いたいことの半分も言葉にできなくて。

ゆうさんのdog actuallyの記事「人間は地球の所有者ではない」という言葉が非常に胸に迫りました。
ペットにしろ産業動物にしろ野生動物にしろ、地球をシェアしている仲間だという意識があれば、おのずと扱いも変わりますよね。
命をおろそかにする「驕り」は結局は自分達の首を絞めることになるんですもの。
素敵な記事をありがとうございました。

ゆうさん、たくさんのリンクをありがとうございます~。
世界動物保護デーあっという間に過ぎちゃいましたね。
でもこれから毎年、どんどん将来に向かって続いてくれることを願って。
そしていつの日か、こんな日なんか作らなくてもいいような、そんな社会になってくれることを期待しています。

「地球をシェアしてる」って、うん、的得てるわぁ。

おはようございますv-278いつもブログを楽しく拝見しています。

ゆうさんを始め、Dog Actuallyの記事、本当に考えさせられました。
"You have a right to be here"、本当にその通りです。人間が勝手に
その権利を取り上げるなんて、あってはならないことですよね・・・

熊本市では、市の動物愛護センターに動物が持ち込まれても簡単には
引き取らず、ときには声を荒げてでも飼い主に命の大切さを説く、という
対応をとった結果、殺処分数が10年前の1/10に減ったそうです。
予算(お金)がなくてもできることはたくさんありますよね。
私も、これからも自分なりにできることをやっていこうと思っています。

いつも楽しく読ませて頂いてます。
初コメです。ウェリントン在住で週1回
SPCAにボランテイアに行っています。やはり日本のペット産業の悲惨さは悲しい事実です。日本もこれからしっかりとした法律を作って動物達を守っていかなくてはいけないと思います。ゆうさんを始めとした方々が世界のペット事情を広めて日本がどれだけ動物保護に対しての考えが甘いかということを多くの方々に理解していただくのは第一歩ではないでしょうか。これからも記事楽しみしています。

すばらしいリンク集を作っていただきありがとうございました。
ぜひこちらのページにリンクさせてくださいませ。
今日の記事内でリンクいたします。よろしいでしょうか。
Dog Actuallyは問題意識の高い記事ばかりなので、読み応えがあり、考えさせられることしきりです。

★MAMIさんへ
そうですね~、「指導する立場」の団体が無いし、お役所はかなり業者に対して腰がひけてる感じですよねえ。
でも確実に人々の意識は変わってきてると思うのですが・・・。私は個人的に、まず「生態販売」を規制することじゃないかな、って思ってます。


★犬は超人さんへ
どうなんでしょうねえ、戦争が終わってからの日本の成長過程で愛護部分の何かが忘れられた感じがしますよね。
そうなんですよね、おっしゃるとおり愛護家同士のトラブルって、理解できないですよ・・・。目的はひとつじゃないのでしょうかね?
私も某・レスキュー現場でよく見ましたね~。


★いちごさんへ
愛護精神のページ、是非読んでくださいね。


★あがさんへ
ごめん!勝手にリンクして。
私も京子さんの記事を読んで、感じたことを書こうとしてたんだけど
あがさんの記事で言いたいことが全部書いてあって(笑)、わたしが書くよりもよーっぽどわかりやすくて読みやすかったので勝手リンクしちゃいました。
ごめんね~。


★Kyokoさんへ
あああっ、京子さん!勝手にリンクしちゃってすみません。
でも、上のリンクはほんの一部。京子さんの記事、どれもこれも的を得ていていつも本当に感銘をうけます。
今まで読んだ本よりもずーっとわかりやすいし、文字よりも心で理解できるって感じです。
あ、ラブレターになっちゃいました(笑)。


★ひなぞうさんへ
熊本市、頑張ってますね~。
現在の日本で、不足してるのはそこだと思うんですよね。「指導力」。
海外のSPCAのように、そういう団体がいればだいぶ統率もできてくるんじゃないかと思うのですが。
動物愛護法がしっかりしてない証拠かも。


★Ewanさんへ
はじめまして~。ウェリントンからですか、ありがとうございます。
うれしいです。海外の事情を伝えようとしても、これが案外「ここは日本だ!」みたいな反応がかえってくることは少なくないんですよ。
でもやっぱり動物愛護先進国の成功例は参考にしないと、ですよね。(イギリスとかスウェーデンとか)


★Mi-goroさんへ
もちろんですよ~。Mi-goroさん、いつもありがとうございます。
私もDog Actually大好きです。私が邪魔しててすみません、っていつも思ってマス・・・(汗)。
非公開コメント