スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

クリン、クリン

2008.10.12 08:28|我が家のエピソード


昨日の夕方、近所の公園を散歩してたら
コアラ師匠がいきなり、
「あ!ダックリング(Duckling)だ!かわいい~。」
と言うではありませんか。



一瞬、ツマの頭の中には



1
クリン語を操るコアラ師匠@いい年、の図。



というイメージが浮かびましたクリン。
コガモを英語で「Duckling」(ダックリング)と言うクリン。



このあたりではカモを保護している近所の方がいるので
カモたちもすっかり人慣れしています。
エサがもらえるカモ、と思ってよってくるカモ。
あげないカモよ。




カモの親子、本当にかわいいです。
見るものを和ませてくれます。




でも、自然界の摂理としては・・・・・




3


その間、5mもない距離に「カモの親子vsガン・ドッグ(ラブラドール)」の図。




ちょっとツッコミたくなる風景なのでした。
うちのクロエビスは鳥にはまるで興味なし。
クロエちゃんなんて、正統派ガン・ドッグの娘ですのにっ!




かとおもうとこんなワンコも近所に。

pic3

鳥とみると夢中になって追いかけまわす、ブーピエ・デ・フランダース。
「ビーチでしかオフリードにできない・・・」とは飼い主さんの談。
御苦労、お察しします・・・・・。














=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

そういえばワナカには、「車を見ると追いかけまわす」
ハンタウェイがいたなあ・・・・・。


banner人気ブログランキング


blogmuraブログ村「ラブラドール」


皆様のクリックが原動力。 ありがとうございます。

=================








メルティング・ポットを久々に更新してみました。



関連記事

コメント

仕事放棄したガンドック、いやぁ可愛くて良いではないの。

我が家の次郎は猫を見かけると犬格が変わって大興奮します。
あぁ、それなのに捨て猫兄弟が我が家を気に入ったようです。
次郎の昼間の休憩用小屋は彼らに乗っ取られてしまいました。
次郎が興奮していくら威嚇しても猫パンチで応酬し、次郎を圧倒した彼ら。
だらしないぞワン次郎!

コアラ師匠、実はコリン星の親戚だったんですね・・・って思っちゃいました。

最初、カモ親子を愛でるクロエちゃんに何の違和感を持たなかった私ですが・・・
た、確かに!!ガンドッグなのに狩猟本能は??

ゆうさんとコアラ師匠の愛情の賜物ってことですね♪

ラブラドールは猟犬だったんですよね。忘れてました。最近のお仕事はもっぱら盲導犬ですもんねぇ…

うちの愛玩犬たちも鳥を追います。が、中途半端に都会なのでいるのはスズメとカラスばかり。スズメはともかく、カラスを追いかけるのはどうかと思います。だって、大型のカラスだと体長は本犬たちとほとんど同じなんだもん…下手すると、足でつかまれて、連れ去られそうです。

細かいツッコミかもしれませんが

ガンドッグとしての、訓練を受けていないので、ほのぼのしてしまうのでは、ないでしょうか?


まあ、「レトリーバー」なのに、泳げないという「ゴールデンレトリーバー」も、どこぞにおりましたねえ。(遠い目)

コアラ師匠・・・素敵☆

上海では朝路上マーケットが開催されているのですがたまに散歩してると鴨が生きたまま売られてるので・・・うちの2匹は呆然と見つめています^^:
にわとりも・・・たまに売っていますし
野生の血がさわがないことを祈って散歩しています・・・

うちのみなみは本能そのままに、鳥を見ると追いかけます。海で海鳥を追いかけるのは絶対に追いつかないし笑って見てられるのですが、近所で放し飼いのニワトリやアヒルは目の毒で困ります。最近はつないでいれば、ダッシュすることはなくなりましたが、ヤブでガサガサと音が聞こえると、猛ダッシュしようとします。
クロエちゃん達はどうやってその境地に達したのでしょう・・・?

「へちまぼっちを見つけるとくわえてしまうグレイハウンド」もよろしくね!

う~ん

どっちがええんや?
本能でカモを追っかける犬と友好的な犬。
やっぱクロエビちゃんがええでしょ。

ハートマークが・・・

コアラ師匠のメルヘンチックなところを垣間見たような気がします。
ガンドッグとはいえ鳥に対して友好的なクロエちゃんと眼中にないエビスくん。
カモの親子も安心して二人の前を歩けるはずですね。

わたくし、「あっ、ワンワンだぁ!」
…と、云いますが。
それもヒンパンに。

ウチのカンリュウサイは、
目の前20センチの鴨に気づきません。
『おのれのカン』だけに頼る犬生を
歩んでいるせいでしょうか。

鴨を愛でるクロエちゃんも、
鴨に興味のないエビス君も、可愛いじゃないですか。
…あ、クリン語を操るコアラ師匠も可愛いですよ!!

うちのハリー、牧羊犬のDNAを持っているはずなんですけれど、
たぶん羊を見せても追いかけないだろうなー。

万が一、可愛い子ガモをくわえてきたら
そりゃあクロエビちゃんのファンとしては
ショックがでかいので友好的でいてね!

デカチワら~ちゃんは、オカメインコのマリや
セキセイインコのナツとお友達になりたいのに
硬いくちばしで威嚇されて退散してます(T_T)

うちのお馬鹿さん(小型犬)は、もう一年半も一緒に住んでる雀が、室内で飛ぶ度に食いつこうとします・・・。
何度教えてもすぐ忘れるみたいです。
今日も、私の髪の毛に足をひっかけてコケた雀に飛びかかってきやがりました。
いいかげんクロエビスちゃん達みたいに賢くなってほしい・・・なにかが間違ってても。

★ドリさんへ
クロエちゃん、できれば狩りに連れて行ってあげたいという
野望はまだ持っているのであります。


★ちゃこさんへ
いやいや、ラブラドールを無視してるカモの度胸に
乾杯!ですね。(なんで?)


★Susieさんへ
そうなんですよー。 クロエちゃんなんて、有名ながんドッグの
家の出身ですのにー。 ま、トレーニングしてないから。


★夕霧さんへ
まあねえ、がんドッグのお仕事って「動かないカモ」を
水からひきあげてくることですからねえ。 無理ないか。


★Umekichiさんへ
昔、ちょっと追いかけようかな・・・?としたこともあったんですが。
しかし、このカモたちすごいですよね。 


★Mi-goroさんへ
わー、ニワトリは飛ばない分心配ですよねえ。
クロエたちは、何もしないまま気がついたら追いかけなく
なってました。 まあ、相手も(カモ)逃げないからかな?


★きなこっち
うちも興味深々だったけど怖かったみたい。


★Cooさんへ
うん、やっぱクロエビスがいいね。
でも、逃げないカモもどうかと思う・・・。


★ちゃままさんへ
相手がわーって逃げないからかな?
猫は追いかけるんですけどねー(涙)。


★Rainbowさんへ
その「おのれのカン」、めっちゃマイペースでいいですね(笑)。
最高です。


★Chihoさんへ
いやー、羊が逃げると多分追いかけるよ。
そのハリーのあとをChihoちゃんが追いかけるよ。


★Rasta-momさんへ
うんうん、それは飼い主としてショックかもしれません。
でも、やるような可能性はいまのところゼロ。
やっぱトレーニングが必要なんですねー。


★しっぽさんへ
あー!この間!!
すずめが家の中に入ってきたとき大騒ぎでしたよー!
まさに天地をひっくり返したような状況になりました。
非公開コメント