スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

思うところ

2017.03.30 10:41|チェイスのエピソード




というわけで、チェイスのDNAテストの結果
大変興味深い内容でした。


確か一年前くらいだってでしょうか?
仲良しの獣医看護師さんから
「NZでも可能になったから、DNAテストやってみない?」
と声をかけられたのです。
でも、そのときは一通りトレーニングも終わって
「うーん、チェイスは幸せそうだから別に知らなくても良い」
と思ってやらなかったんです。


それが昨日描いた記事のように
日々感じる”どうでもいい違和感”。
それはきっと自分でも
「ラブとボーダー(コリー)のMIXなのに、何故・・・?」
という思いこみがベースになってたんじゃないかな。
そんなことの積み重ねがきっかけになりました。


チェイスの「水嫌い」の部分とかね。
30032017_dog5.jpg


犬と人間の共存が始まって以来、
犬は役目をもってブリードされてきました。
ハンティングのお供をする犬、羊や牛をハーディングする犬
野生動物から人間を守る犬、漁のお手伝いをする犬
とにかく愛でる犬、本当に様々ですよね。
犬種の数だけ「まかされた役目」があるといえます。
でも、現代社会では、使役している犬は限られており
ほとんどの子に与えられているのは「ペット」という座。
もちろんそれに満足して、幸せな子がほとんどだと
思います。思いたい。


ただ・・・、DNA的にはどうなのでしょう?
その役目を果たすことができなくて
その犬にとってのストレス材料になることもあるんじゃないか?
と、時に心配になったりするのです。
チェイスの問題行動にぶち当たったとき、
いつもこのことが気になっていました。


あ、でも、
だからといって、ラブラドールの飼い主さんは
カモ狩りに連れて行くべき!とか
ダックスはアナグマとか野ウサギを探させるべき!
とか言ってるわけではなくて。
(まるで現実的ではないですし)
それらの本能を刺激する遊びを、
日常やトレーニングにとりいれてあげると
その子のDNAが喜ぶんじゃないかな、
と思っているんです。


「でも、うちの子はラブラドール・レトリーバーなのに
 レトリーブ(回収)しません。泳げません。」
という話も良く聞きます。
うちのエビスもレトリーブはメッチャ苦手ですよ!
でも、レトの特技「人を喜ばせる」ことに長けています。
一つの犬種に与えられた役目って一つじゃないから
その中に「この子の長所」必ずあります。


で、チェイス。


30032017_dog2.jpg


野原をかけまわることが大好きです。
最初の頃の散歩は、野うさぎを追いかけ始めちゃうと
なかなか戻って来なくって、途方に暮れたことも
何度もありましたっけ。
この頃から「どっか安全なだだっ広いところで
思いっきり嗅覚と目を使って走らせてあげたい」
と、思っていました。
何がチェイスを幸せにするのか、何となくわかっていました。


おじいちゃん&おばあちゃん世代ですでにMIX犬でしたが
ひいおじいちゃん(もしくはひいばあちゃん)が
アメリカン・フォックスハウンドだったそうで
見た目超納得です。
そして強い強い狩りへの本能、道理で!


そして、これまたひいおじいちゃん(もしくはひいばあちゃん)が
ランカシャー・ヒーラーだったそうで、
あんたは何て興味深いの!
初めて知ったんですが、犬種として認められているのは
イギリスとアメリカのケンネルクラブで、日本非公認!
それも希少なブリードなんですね。
出身地のイギリスでその純血性が問われていますが
今回のテストはアメリカで行われたこともあり
きちんと「ランカシャー・ヒーラー」の記載となりました。
チェイスのミステリアスな部分はここからきているのでしょうか。
いや、冗談ですが。


でも、特徴に記載されているとおり
警戒心が強く、ファームの番犬にはもってこいです。
隣の家まで100m以上あるような田舎暮らしでも
チェイスがいれば全く怖くありませんから。


でもチェイスは羊のビリー(写真右)が怖い
30032017_dog4.jpg



DNAテストの結果がきて、開封したとき
はじめに思ったこと、それは
「がんばってくれていたんだ」です。


というのも、
目の前を横切る野うさぎを無視したり、
ハンティングに夢中になっているときでも
呼べば速攻で戻ってくるという行動は
ラブやボーダーコリーならともかく
チェイスの血筋では容易なことではなかったと思うからです。
すでに6歳でしたしね。


そんなことも含め、DNAテストを行って何が変わったか?
チェイスのことがますます愛おしくなりました。


チェイスのこと、いっぱい知ることができてよかった。


ますますチェイスを身近に感じ
絆が更に深まったように(勝手に)感じています。


30032017_dog1.jpg




=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

「クロエちゃんの感想は、エビちゃんに歌で表現してもらいま~す。エビちゃん、よろしく~?」(byエンジェル・クロエ)

30032017_dogbanner.jpg人気ブログランキング

出た!クロエちゃんの?昭和なダジャレ!

=================




+++++

こちらもよろしければ。

★「羊の国のビッグフット」
羊の国のビッグフットバナー

更新!「寝子はどうする?」


★インスタグラムみんなの写真はコチラに!


★マーティンゆうFacebook


Mokai Naturally New Zealand
NaturalusSale.jpg
Naturalus目的別ハーブティー半額セール!
あや店長日記「出張からかえってきました!」

+++++










関連記事