スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



クリスマス期間限定15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

The Last Journey

2015.05.22 11:31|クロエのエピソード



ある人が、クロエちゃんとエビスと初対面のときにこうおっしゃいました。
”Chloe is on her last journey"
「クロエちゃんは最後の犬生なんだね。もう何度も犬をやってきたんだね。」
”Yebi is definitely a first timer”
「エビスくんは一回目。だからクロエちゃんのところにきたんだね。」

もう3年くらい前のハナシです。

==

クロエちゃんが逝ったあとの48時間は
ただひたすら泣き崩れていました。
眠りに落ちそうになると心臓が飛び出そうなくらい騒ぎ出し、
食欲なんてもちろんなく、コーヒーとお酒しか口にできなかった。

それでも人間の体ってすごいもので
そんな状況下だというのに
お酒は「二日酔いにはなりたくない」と
限界ぎりぎりのところで止め、
3日目に膀胱炎になりかけたときは、
「体こわしとる場合か!」と
自然と体をいたわるようにもなります。
その日から夜だって2時間ずつだけど寝れるようになってきました。

その間ずっとクロエちゃんが側にいました。
断言。

心配させてしまっていることを反省し、クロエちゃんに向けて
「ごめんね~、って。あ、また言っちゃった。ごめん。あ!まただ!」
と、笑おうとしたけど、これだけは意識じゃなく心の回復をまたなきゃいけなかったので許してもらった。

その間、色んな方法を用いては
「そばにいる」ことを知らせてくれたクロエちゃん。
本当に旅立ったのは心臓が止まってから5日目のことだったかな。
13日。時間は午前11時きっかり。
几帳面なクロエちゃんらしい(笑)。

そのとき私はエビスと遠出をしていて
少しずつ「犬との生活ってやっぱり楽しいな」と思い始めていて
「お昼は何を食べよう」とか「午後はどこに散歩いこう」なんて
思考が未来に移り始めていて
「大丈夫な日がいつか訪れる」ことをぼんやり
確信しはじめていたのかもしれません。

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「The Last Journey」1

昨日のブログのように
まだまだ途方に暮れる時間があったり
予告なしに悲しみが襲ってくることがあります。
でもね
「大丈夫な日」がやってくることもわかっているので
今は安心して途方にくれています。
ぷっ、変な日本語。

夜中にデッキに座ってクロエちゃんを待つのも
家のあちこちに面影を見つけてビービー泣くのも
まだまだ自分には必要なプロセス。
頭じゃなく、心でクロエちゃんの死を受け入れるため。

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「The Last Journey」2
ニュージーランド南島の最南端(遠くに見えるのはスチュワート島)


「クロエちゃんにとっては最後の犬生」

当時もその通りだな~と思ったけど
今ははっきりそう思う。

だから予感して、準備をはじめ、
予告して挨拶までして時間をくれたクロエちゃん。

受け入れたエビスと、受け入れられなかった私。

最後あがいちゃって本当にごめん。
そういう意味では私こそが
”First Timer”「一回目」なのかもね。
勝ち負けじゃないけど、今回はエビスに完敗だな~。

あのあたたかくてくるくるのクセ毛に
もう触れることは出来ないけども
クロエちゃんが私の人生に与えてくれたたくさんのこと
一生大切にしていかなきゃ。
「それでこそあたしのママちゃん!」
と、クロエちゃんに思ってもらわなきゃ。

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「The Last Journey」3
今年2月のとても楽しかったキャンプ


"It's amazing how you can speak right to my heart.
Without saying a word you can light up the dark.

Try as I may I can never explain.
what I hear when you don't say a thing.

The smile on your face lets me know that you need me.
There's a truth in in your eyes saying
you'll never leave me.
The touch of your hand says you'll catch me wherever I fall.

You say it best when you say nothing at all."

「 When You Say Nothing At All」
    by Ronan Keating
クロエちゃんと私のラブソング



関連記事