スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



クリスマス期間限定15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

Faithfulになったワインドッグへ

2010.06.20 12:40|NZ



Dog Actuallyと、Retriever雑誌のほうでも書かせていただいたんですが
(Dog Actually記事 ”ワインドッグという職業”
ニュージーランドのワイナリーには、必ずといっていいほど犬がいます。
オーナーの愛犬たちですが、彼らこそが「ワイナリーの顔」と言っても
過言ではないかも、です。



その証拠にほら。



1


「Wine dogs」という写真集が出版されています。
これはニュージーランド版ですが、ワインの名産国には必ず
「Wine Dogs」ありき、ということでいろんな国から写真集が
出版されているようです。 → 「 Wine Dogs 」



私はこの「Wine Dogs」の本が大のお気に入りで、すぐ手の届くところに置いてます。
楽しそうな犬、得意げな犬、おすましの犬、どーでもよさそうな犬(笑)
飾りが一切無い「普段の顔」がたまりません。
犬好き、ワイン好きの友人には最高のプレゼントなんじゃないかと思います。
(テキストはほとんど無し、写真集です)



国内にはあちこちにワイナリーがあるニュージーランド。
我が家からも40分も車を走らせれば、有名どころのワイナリーに
到着することができます。



2



写真は車じゃなくて、フェリーに40分ほど乗って到着する
ワイヘキ島にあるワイナリー「Stonyridge Vineyard」(←ウェブサイト、音が出ます)



ここは毎年行われる「ワイヘキ島ワインフェスティバル」で初めて訪れて以来
一番お気に入りのワイナリー。
天気の良い週末など、フェリーに乗って遊びに行っています。
あ、あと日本から知り合いや友達が遊びに来たら必ず行きます。
(Stonyridgeのワインは日本でも購入できるようですよ→オンラインWassy's



もちろん私の目的は・・・



3
ワイン・ドッグの「Norton(ノートン)」。




4



入り口でいつもお客様を出迎えて、レストランのテラス席で接客。
はじめてノートンと会ったとき(5年前くらい)、恐らく彼の体重最大値(笑)。
メニューとノートンのカラーにはでかでかと
「ノートンに食べ物をあげないでください」
と書かれていて大爆笑したもんでした。



そして、Stonyridgeのワインドッグとして頑張ってきた功績がたたえられ
ついには「ノートン」がワインになりました。そのラベル名は「Faithful」。


7
*本当は「Norton」と名づけたかったそうですが、名前の著作権の問題で(セキュリティ・ソフトの大御所)
断念したそうです。その代わり、彼をあらわす一番の言葉が見つかって良かった。




うちにもまだ数本、大事にとってあります。
特別な日に飲もうと思って。



そんなとき、ほんの数日前Stonyridgeの方からメールが届きました。
「Norton has passed away......」



5



有名なワインドッグが、幸せな生涯を閉じました。
ワイナリーの方と、「いつかクロエとエビスも連れてこれるといいねえ」と
話していたんです。
ノートンに会ったなら、「ワインドッグ」という職業に
きっと憧れただろうなあ、クロエとエビス。



またしばらくしてStonyridgeに遊びに行ってみようと思っています。
「Faithful」を注文して、Nortonの思い出話に笑い泣きできるかな。



6













=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

虹の橋の向こうでも、「ワインドッグ」として
頑張っていますか、Norton?


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」
フェリーの「犬連れ優先席」。


クリックありがとうございます。

=================








Twitterで引き続き、Blog未使用写真をUPちう。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ





<Stonyridgeより、ワインを愛する皆様へ>
今年も世界的に評価の高いニュージーランドのプレミアムボルドーブレンド、
またコレクターアイテムとしても有名な「ラローズ」2009 ヴィンテージが
今秋にリリースされます。(11月お届け予定)

300 本限定!!!あのラローズがスペシャルプライスで手に入る!
通常価格 ¥16,695のところ、6月30日までにご予約の方に限り
スペシャルプライス1本¥12,521円(25%オフ)でご提供!

締め切り6月30日まで、数量限定ですのでお早めに!
(予定数量が無くなり次第、終了させていただきます。)

日本からのご予約はコチラにて。→「オンラインWassy's」
*アフィリではありません。自発的にお知らせしております。



関連記事

コメント

素敵なお話、いつもありがとうございます。
会ったことはないけれど、胸が熱くなりました。

私もいつかニュージーランドに行ったら、
ワイナリーに行ってみたいな。

”faithful"・・・まさにぴったりの言葉のすてきなワインですね。またラベルがたまらん。
そしてNorton・・・年老いて、ワイナリーでのんびりと暮らしているのが伝わる素敵な写真をありがとうございます。
こんな一生、素敵ですね。

うちの子達は何dogになるのかしら?と考えてみたりする。

ワインがあってわんこがいてまさしく桃源郷。ええなあ・・・。素敵なところの紹介ありがとうございます。
 ぜひ行きたいもんです。

色んなことを思い出して涙が出ながらも笑顔になるという変な私です。
そっか~、そうですよね、永遠にそこにあり続けるように見えた景色でもいつか変わる時が来るんですよね…。
ノートン、虹の橋でも仕事してるんでしょうね。次に会えた時は、好きな食べ物をたっくさんあげてみたいな~(笑)。

ちなみに、毎月我が家に届くカード会社発行の雑誌、今回の特集が「NZワイン」。
ワイヘキ島のstonyridgeとmudbrickも出てて、「ああ~、呼ばれてるぅぅ」と勝手に思っております(笑)。
てことでワイン、注文しに行ってきます~!!

仕事を持っているわんこって
誇らしげでとっても自信に満ちた顔を
していますよね。
きっと幸せなんだと思います。

昨日のチャーリーの記事と
今日のNortonの記事。
PC前でじんわりとしています。

今日もジーンと来るお話でした。ワインドッグについてはあまり詳しく知らないのですが今回のことで詳しく知りたくなりました。仕事の功績を讃えられ有名になり、ワインとしてその名を歴史に刻んだNortonくん。お仕事お疲れ様でした。天国でも立派なワインドッグとして頑張ってね!ゆうさんがStonyridgeに遊びに行った時のことをまたブログに載せて欲しいです。ゆうさん更新お疲れ様です。

こんにちは。いつも見てるだけですみません。記事を読み涙してしまい…。夫がワイン大好きで。私はおつきあいで飲む程度ですが、ワイナリードッグのことは知りませんでした。貧乏なのであまり買えないけど(汗)ワインセラーの在庫も少なくなってきた…。今日のこと、帰宅したら教えてあげたいと思います。

ノートンちゃんは・・・

ワインドッグとしてノートンちゃんは素晴らしい仕事をしていたんでしょうね。
幸せな時間を過ごしたノートンちゃん、お空でもきっとワインドッグとしてみんなをおもてなししていることでしょうね。
"faithful"・・・とっても美味しいワインでしょうね。

ラブラドール、大型犬もいいですよね~!
僕はシーズーを飼っています!ぽんたっていいます!
今度是非見に来てください!

素敵。

広い、自然たっぷりのワイナリーを自由に闊歩して
絶えず人と接して皆に可愛がってもらって。。。。
ラブラドールとして最適のお仕事してたんですね、ノートンくん。
最近特に 虹の橋を渡ってしまったワンちゃんのお話に
ついほろほろと涙腺が緩みます。
幸せそうなノートンくんの姿に泣き笑い。


感動。

はじめまして。
チョコレート色のラブラドールチャコと生活しているカイヌシです。
いつも家族みんなで楽しみブログを拝見させて頂いています。
なんだかノートンのお話は素敵でありながら少し涙がでてしまいました。
どんな生き物でも避けられないこととはわかっていてもとても寂しいです。
でもノートンの生涯はとても素敵なものだったのかなと思いました。

今日、友達わんこが、14歳で、飼い主さんのもとから、神様のところへ、たびだちました。

犬を飼っていなければ、近くにすんでいても声をかけあうことも、出会うこともなかったかもしれません。


わんこたちがくれる幸せことが、なんていっぱいあるのかしら、、、と、感じてます。

そんなことを考えた今日のノートンくんのはなしでした。

チャーリーがお引っ越しして、まだ心にぽっかり穴があいたようです。チャーリーと飼い主さんのツーショットの写真すてきですね。そして今日は、ノートンのお話で、また朝から目がうるうるです。それでも、passed awayという表現をしていただいたので、少し緩和されました。日本語で書かれたら直球を投げられたようで、辛さが倍になります。ノートンの生涯は、日本では考えられないような一生でしたね。表情からとても幸せだったように思えます。ノートンくんのご冥福をお祈りいたします。

Norton、1月に亡くなったうちの犬によく似ています。体重はもうちょっと軽かったと思うけど(笑)、思い出す~。
本当にニュージーランドは犬にとって良さそうな所ですね!東京暮らしではドッグランもほとんどないし、海に連れていくことも出来なかった。羨ましいです。

ノートン、きっと今ごろは天国で思う存分ワインをグビグビ、
チーズをうまうまして走り回っていることでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

いろんなところに、たくさんの素敵なワンコがいて、人生って素敵だなぁ。

ゆうさん、2日続けては酷だよ。
毎日泣いてるから。
これからはワインを飲む度
パソコンを立ち上げる度
君を思い出すね。
ノートンe-491

以前
群馬にある奥利根ワイナリーに行きました。
ぶどう畑を見ながらおいしい食事のできるレストランもあります。
そこのゴールデンがとってもかわいくてフレンドリーで!
テラスに寝転がってる姿が思い出されるな~
そうか、ワインドッグっていうのか・・・!

奥利根ワイナリー
http://www.oze.co.jp/winery/index.html

テラス席でのノートン 木陰のノートン コスモスにうもれているノートン どれも素敵な瞬間 幸せそう
ふと 我が家の柴っこは幸せだろうか?と考えてしまいました 
朝晩2回のお散歩は近所の土手付近が定番 昼間は お留守番 ドックランも近くにはないので数ヶ月に一回 夕食後の遊びはピーピーボールでもってこい おやつは牛のアキレス 
君は我が家に来て 幸せかい? もっとのびのび走り回りたいよね もっと色んな体験もしたいよね たくさんのワンちゃんがそれぞれの人生を歩んでいくけど 君は幸せかい? 
そして飼い主としての私は頑張っているかい? そんなことを考えさせられました 
きっと ゆうさんのブログに出会わなければ 考えたり 悩んで答えを出そうとしたり しない事もあったと思うのです
  いつも 素敵なエピソードや写真 ありがとうございます
長くなってしまいましたが 
  やっぱり ゆうさんやクロエちゃんやエビスくん コアラ師匠に会えて ほんとに 良かったと思うのです 

また

ウルウルきてしもたやん。

ワインか。。。

ゆうさんと師匠にStonyridgeに行った方がいい!!と教えてもらわなければ間違い無く1年半前にノートンとは出会えなかったです。

あのガッチリ(笑)した風貌でワイナリーのレストランを闊歩してた姿が忘れられません。

・・ラベル名は「Faithful」のところでうるっときてしまいました。そのあとはぽろぽろ。。
素敵なお話を写真をありがとう!

初めまして、こんにちは。いつも拝見させて頂いてます。思わず1年前に亡くなった黒ラブ、ティナを思い出して切なくなりました。ノートン君は何歳で旅立ったのですか?とっても大きくて可愛いくて写真を見てるだけでほんわかした気持ちになりますね(*^_^*)
非公開コメント