スポンサードリンク

登場人(犬&猫)物

ゆうさん@羊の国

Author:ゆうさん@羊の国
こまめっち画伯作ゆうさん

羊の国はニュージーランドの
南島で小さなファームやってます。
ご訪問ありがとうございます!



Profile_Chloe

エンジェル・クロエ

2001年7月2日生まれ
2015年5月8日エンジェル・クロエに
今も、そしていつまでも、私たちの中心に居ます。




Profile_Yebisu

エビス(男の子)

2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります!
無邪気で純粋でイノセント。
弟キャラが兄ちゃんになりました!



Profile_Chase

チェイス(男の子)

2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。
ラブとコリーのMIX(らしい)
里親探しサイトで一目ぼれ!の
ハンサムボーイ!




Profile_Teo

テオ(女の子)

推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




Profile_RevealedSoon

アーネスト(男の子)

テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオさんと一緒に我が家の一員に。
やっぱり4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!




コアラ師匠

コアラ師匠(元・ダンナ)
なんと、離婚しました!
今でも良き友達です。


Mokai Naturally NZ



クリスマス期間限定15%オフのクーポンコードをメルマガでゲット!

スポンサードリンク


いろいろ揃う

Facebook

ツイッター

いつでも里親募集中




最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSフィード

シニアのちから

2013.07.30 13:05|羊の国の犬たち

週末のお散歩で
エビスが危機一髪に陥る直前
ラブラドールとすれ違いました。

「この子たちはいくつなの?」
と先に聞かれたので
「この子が12歳で、この子が今年で10歳です」
と答え、いつものように
「まぁ!?見えないわ!元気の秘訣は何かしら?」
の一言をまっていたら

「うちの子、16歳」

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「ジュニアなシニア」写真日記2

という予想外のパンチが飛んできました。
おまけに兄弟犬も16歳で(当たり前)元気なんだって。
その血筋、くださいっ!

「じゃあ、10歳なんてまだまだ・・・」
「ひよっこね」
「ですよねー」

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「ジュニアなシニア」6

と、勇気と元気をくれた16歳ラブ。
歩くのもしっかりで、びっくり。
駐車場から結構離れた場所だったのに。

ところで今度、ご近所さんとなるマックスくん。

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「ジュニアなシニア」写真日記4

「ご近所」といっても車で移動する距離なんですけど。
10kmくらいかな。

帰りに立ち寄ったカフェで飼い主さんと
出会ったので、マックスの近況を聞いたところ・・・

「元気よー。でもね、この間、野ウサギを
 丸飲みしちゃってノドの切開手術をしたの。
 ラブラドールらしいでしょ。」

って、ひええええ!
ま、マックスー!!

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「ジュニアなシニア」写真日記5

あんた、15歳なのに!
なにやってんのー。

とまあ、
平均年齢13.25歳の元気な週末なのでした。
君たち、まだまだヤング。

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!「ジュニアなシニア」写真日記3






こちらもよろしくです。

シニアライフ・バナー
アイリスペットどっとコムさんで連載中の
「クロエとエビスのシニアライフ」更新です!






=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

てか、15歳でも油断ならんな~。

人気ブログランキング人気ブログランキング


ブログ村ブログ村「ラブラドール」

クリックありがとうございます。

=================





予約受付、はじまりました!
今年も出るよ!2014年度カレンダー。
JSDAお知らせ用
⇒ チャリティーカレンダー予約受付




*** こちらもよろしければ ***

もう一つのブログ
「メルティング・ポット」更新!
久々コアラ師匠!「日本語で何て言う?」

おしごとブログ
「Mokaiぶろぐ」

AmiamiSerumバナー
セットもあります。「Chloe」のパスワードで更に10%オフ!

+++++++++++




今、そこにある尻

2012.05.17 17:05|羊の国の犬たち



私たちが愛してやまない犬たち。
興味深い点は星の数ほどあれど
アレじゃないですか?
「なんで!?」って思うもののひとつ。
それは・・・・


「尻を嗅ぐ」



羊の国のラブラドール絵日記 今、そこにある尻2
「朝、おはようのかわりに嗅ぐ尻」



まあ、私の持論ですが、
きっと創造の神様が、犬たちの可愛さに嫉妬して
「汝、尻をもって個体情報を交換せよ!」
と、おっしゃったんじゃないでしょうか。
可愛いって罪。



羊の国のラブラドール絵日記 今、そこにある尻1
遊びに来たゴールデンに群がるクロエビス&ライリーちゃん@お隣


我が家のケースだと、
クロエちゃんより、エビスのほうが熱心かな。
クロエちゃんは「嗅ぐより嗅がれる」ことのほうが
圧倒的に多いような気がします。女子だからかな?
それともそこまで相手の犬に興味がないからかも。
(クロエちゃんは、飼い主さんのほうに興味あり)



羊の国のラブラドール絵日記 今、そこにある尻6
それでもこっそりやってたりはする。



嗅がれるほうは嗅がれるほうで
明らかに「いいときと嫌がってるとき」
がありますよね。



羊の国のラブラドール絵日記 今、そこにある尻5
↑このときのクロエちゃん、明らかに「エビちゃん、なんとかして!」って言ってます。



羊の国のラブラドール絵日記 今、そこにある尻4
エビスは相手によって全く嗅がせないこともある。



なかなか嗅がせてくれない手ごわい相手には
こそっと近づいて、こっそり情報入手したりして
お尻の嗅ぎあい、せめぎあいで
相性がなんとなく見えたりして、ホント興味深い。



特に我が家のエビスは、嗅がれてる様子で
「あー、この子のこと好きだな、嫌いだな」
っていうのはすぐわかる。



一体、どんな情報を得てるんでしょうね。
尻たいような、尻たくないような。



かといってさあ、エビス?
そこに情報はないんじゃね?


羊の国のラブラドール絵日記 今、そこにある尻3
本物じゃなくても「まず嗅ぐ尻」













=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

あ、そういえば人のお尻も嗅ぎますね・・・。
人類の個人情報、犬たちにダダ漏れ!?


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」


そのうちジャック・ライアンに怒られそうだ・・・。
クリックありがとうございます。

=================











<すみません、宣伝です>

DOGPAPAさんとコラボで・・・
「オンリーワン・イラスト工房」
というのをやらせて頂いてまして。


↓ ↓ この二枚のお写真が・・・ ↓ ↓
パパハウスさん、お写真1パパハウスさん、お写真2



パパハウスさんイラスト

このような感じでステッカーになったり
バッジになったり、たくさんのグッズに!
今まで描かせていただいたワンちゃんたち
→ 「お客様ギャラリー」

*お問い合わせはコチラのページから!
よろしくお願いします。

間違うな!危険!

2011.02.11 06:46|羊の国の犬たち



近所にそれは可愛いJRがいます。
まあ、何と言うか、この子を一言で
表すならば「Lovely」。男の子なんだけど。



羊の国のラブラドールJR



でもあんまり会うことは無いんですよ。
お散歩の時間帯がちょっとズレてるみたいで。
今朝会ったのも久しぶりでした。



クロエとエビスを遠目に見つけて、まさに「乱入」。
うわーって。
きゃーって。
エビスと大はしゃぎして飼い主さんとすっかり
はぐれてしまったので、「ついておいで?」と
お届けにあがりました。




ようやく飼い主さんの後姿を見つけ


ディーゼルちゃん、ここにいますよ」


と、大きな声で声をかけたところ・・・。


「ペトロのこと?」



混ぜるな!危険!



*Petrol(ガソリン)
*Diesel(ディーゼル)



・・・「車の燃料っぽい名前だった」
というぼんやりした記憶で
安易に呼んではいけませんな・・・。















=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

昔、友人の愛猫の名前が「ディーゼル」
だったもので・・・(いいわけ)。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログ村ブログ村「ラブラドール」


クリックありがとうございます。

=================









*** バレンタイン・プレゼント企画 ***
たくさんのご応募、本当にありがとうございます。
締め切りは日曜日まで。
月曜日のバレンタインデーに答え発表しますね~。





*** ガールズ・キャンペーン ***
FebruaryMokaiCampaign
hitsuji」とパスワード入力で10%オフ
& 更に10%の商品券もついてきます!




出会いと別れ

2010.08.25 12:43|羊の国の犬たち



世の中にはなんていうか、説明できないことってありますよね。
エビスとCKの関係がまさにそうでした。


1
こちらがCK。(オーストラリアン・シェパード)



はじめてエビスがCKに会ったときから、異常なまでの興奮を示し
夢中でダンスを踊ります。(ブレイクダンスのような行動)


4
とにかくエビス(手前)が、CKに自分の存在を誇示します。



それはCKがエビスのにおいをかぐことで一旦落ち着くのですが、
他のどんな犬にも見せることのないエビスの行動に、
最初はびっくりしたもんでした。


5
こうなって・・・・。


6
こう。



その後も、呼び戻しだけは完璧なエビスが、CKの気配を空気中に感じるだけで
何も聞こえなくなって、姿を探して走り出してしまったり。
好き、を超越した崇拝にも見えました。



2007年の暮れに、エビスがはじめて犬に襲われ軽症をおったことがあります。
さすがの犬好きエビスも直後はものすごくナーバスになり、
犬の影におびえている時期がありました。
見てるこっちが辛かった。



そんな生活を3週間くらいだったかな?続けていたところ
ばったりとCKに出会いました。
偶然とかたまたま、という言葉では片付けられないのはこのときです。
この後エビスはびっくりするくらいあっさりと、以前のエビスに戻りました。
なくしていたConfidentを、とっさに取り返したようです。



3
エビスの耳は緊張していますが、喜びでいっぱいなのがわかります。



と、そんな風に。
うまく説明はできないんですが、CKはいつも、
エビスに精神の安定と勇気をもたらしてくれたようです。
自然界で出会っていたら間違いなくCKはエビスの群れのリーダーなのでしょう。
そんなConfidentに満ち溢れたCKでした。



しかしパック(群れの)リーダーは、年を重ね、力が弱まるとともに
群れから去らなくてはならない日がやってきます。
もちろん現代社会に生きるCKは、本当に自分の群れをもっていた
わけではありません。
12歳になったCKは、ここ1年ほどの間、
何度も犬に襲われるようになったそうです。
会うたびに新しい手術の傷が、痛々しかったものです。
そんなエピソードからも、CKのリーダーとしての
資質の高さがわかっていただけるでしょうか。



2
CKに甘えるエビス(右)。



CKの飼い主さんはいわゆるアニマル・テレパスと呼ばれる方で
以前はご自身のテレビ番組も持っていらっしゃった有名人。
アニマル・コミュニケーターとも呼ぶのかな?
そういった視点から、犬の問題行動や飼い主さんの悩みを解決する
そんな方です。



一度、一緒にお散歩してるときに、ふと
「エビスくんはあなたのことを恋人だと思ってるのね~」
って言われてびっくり。
「あと自分には羽があって、飛べるとも思ってる。」
って言われて大爆笑。
はい、エビスはよく高いとこから飛んで落ちてました。
そんなステキで不思議な方が、CKの飼い主さんです。



24日の火曜日のお昼。
ニュージーランドの冬にしては珍しくぽかぽか陽気で、
鳥のさえずりを聞きながら日なたで横たわっていたCK。
台所でランチを用意していた飼い主さんが毎日のように目にしてきた光景です。
でも彼女はすぐに気づきました。
CKがそこにはいない、ってことを。



CKが旅立ってしまったことを。


7



CKがエビスに与えた、目に見えない何かは計り知れません。
とても感謝しています。
CKを慕っていた犬はもちろんエビスだけじゃありません。
まさに犬たちの「兄貴」的存在であり、アイドル、そしてリーダーでした。



もうエビスが空気中にCKを感じて、いきなり飛び出すこともありません。
いや、そんなことないかな? 走り出したときはきっと・・・。














=================
ブログランキング、以下のものに参加中
=================

ありがとう、CK。
そこからときどき、エビスのことを見ててくれるとうれしいよ。


人気ブログランキング人気ブログランキング


ブログ村へブログ村「ラブラドール」



=================








ツイッターでここに書ききれないこと、ぶつぶつつぶやいてます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ





ブルーノへ、おくる言葉

2009.08.22 19:06|羊の国の犬たち


わたしたちの町のシンボル、「さすらい犬、ブルーノ」が
虹の橋に旅立ちました。 15歳でした。
この町はブルーノにとって小さすぎたのかもしれません。
さすらいつくしちゃったね。


3
ブルーノの逸話についてはコチラ 
→ 「さすらい犬、ブルーノ」(Dog Actually記事より)



6


ブルーノがいるこの町が大好きでした。
まさに「古き良き時代」の象徴、それがブルーノでしたから。


4


この町に彼を知らない人はいません。
そしてこの町に、さすらい犬が登場することももうないでしょう。
人口の増加、ルールの増加。
時代はどんどん変化をもたらします。


1


ブルーノの姿をみかけることはもうありませんが、
人々はきっと「ブルーノのいた時代」を語り続けるでしょう。


なんだか、色んなところで活躍を書かせてもらった。
ありがとう、ブルーノ。


2


さようなら、ブルーノ。


さようなら、私たちの町のシンボル。



また、いつかどこかで。





☆-------------------------------------------------☆
ブルーノへの「おわかれの言葉」を、写真と絵ともに
飼い主さんに送ろうと思っています。
ブルーノをご存知の皆様で、「何か一言」ご希望があれば、
コメント欄に英語で一言お願いします。必ず一緒に送ります。
(日本語でも結構なのですが、私が訳してしまうと皆さんの言葉ではなくなって
しまうような気がして・・・。できれば英語でお願いします。翻訳サイト

☆-------------------------------------------------☆




本日(土曜日)の記事はこの下にあります。↓↓